体質を改善してアレルギー対策

体質を改善してアレルギー対策

現代人の食生活の乱れは、ますますアレルギー体質の人間をつくり出します。食事により吸収されたタンパク質の分解能力の低下が徐々に進行し、過食ぎみの食事や運動不足によって免疫力が低下し、ついにはアレルギー物質(アレルゲン)に対応できないアレルギー体質人間へシフトしていくのです。

そのようなアレルギーに打ち勝つための対策法のひとつが、「健康と体質をコントロールする」ことにあります。

食物アレルギー

アレルギー体質を語る上でもっと関係の深いアレルギーが食物アレルギーです。食物アレルギーは、主に卵、大豆、そして牛乳がアレルゲンとなるケースが多いのですが、それら卵、大豆、牛乳、またはお肉などの食品タンパク質が体内でうまく分解されないことから起こります。

肉食中心で高タンパク・高脂質の食生活は、未消化のタンパク質をつくりやすくアレルギー反応を引き起こすきっかけとなるのです。ですからこの高タンパク・高脂質の食生活を改善することがまずは重要になるのです。

食べすぎ・栄養過多

さらに、食べすぎで栄養過多の食生活が、活性酸素の量を増やすし、その活性酸素が細胞を攻撃するので体内の防衛力を弱め免疫力を低下させます。そういう意味では、腹八分目の食事を心がけることも大事というわけです。

あとは飲料水と適度な運動に気を配りましょう。人間の体は60%は水でできています。当然きれいな水を飲み抵抗力をつけることはアレルギー体質を改善する上で欠かせない要素のひとつと言えます。また運動不足も体の抵抗力を弱めて栄養の消化吸収力も低下させてしまいます。言うまでもなく適度な運動を心がけ腸の働きを活性化させましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.