歯科金属アレルギーとは

歯科金属アレルギーとは

歯科金属アレルギーとは、 口腔内で金属がイオン化することで溶出したものが、皮膚の蛋白と結合し本来持ちあわせていない蛋白が生成され、その物質に免疫細胞が異物とみなし攻撃を与えるアレルギー反応を指します。イオン化され溶出する蛋白とは、いわば、金属メッキされた蛋白のようなものです。

溶出する金属は目で確認できないほどの超微量なものでもアレルギーの原因になりますし、口腔内には様々な要因がからみあって金属にとっては過酷な、溶出しやすい環境になっていると言えます。ガルバニー電流という異種金属間での電位差も溶出の原因になります。違う種類の金属を使うことにより、同一金属の場合よりもアレルギーを引き起こしやすいことがわかっています。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.