チョコレートアレルギーとは

チョコレートアレルギーとは

食物アレルギー「チョコレートアレルギー」

チョコレートアレルギーとは、チョコレート(カカオ)を食べることで起こる食物アレルギーの一つです。菓子アレルギーと混同しやすいのですが、異なるものです。チョコレートを食べると、じんましんや気管支喘息、嘔吐、腹痛、下痢、湿疹、鼻血、頭痛などの症状を起こします。2月14日後の数日間はこのような症状で病院に行く子どもが増えることからバレンタイン症候群とも呼ばれているそうです。チョコレートアレルギーは今までなんともなかった人が突然症状を起こすこともあるそうです。最悪の場合、アナフィラキシーショックを起こすこともあります。

チョコレートアレルギーの原因は?

チョコレートアレルギーの原因はいくつか考えられています。一つはチラミンという物質。チラミンは血管の収縮を引き起こし、効果が切れると急激に血管の拡張を引き起こします。この作用によって粘膜が腫れたり、じんましんが起きたり、頭痛が起きたりとチョコレートアレルギーの症状を起こします。また、テオブロミンという物質もチョコレートアレルギーの原因とされています。テオブロミンは気管支喘息の治療で使用される気管支拡張剤であるテオフィリンと同じ仲間で、テオブロミンを多量に摂取すると、吐き気や頭痛などの症状を起こします。さらにチョコレートの中に含まれるトランス脂肪酸は、脂肪酸代謝が阻害され免疫力の低下やアレルギーの悪化などを引き起こす原因になると言われています。

チョコレートで金属アレルギー?

ピアスやベルトの金具、ネックレスや指輪など金属に触るとかゆみが出たり、湿疹が出ることを金属アレルギーと言いますが、チョコレートを食べるとこれらの症状が悪化するとされています。それはチョコレートに含まれるニッケルが原因です。チョコレートはニッケルの含有が多いので、チョコレートを食べるとアレルギーを持っている人は症状が悪化するのです。遭難時にチョコレートのおかげで生き延びたという例もありますが、食べ過ぎると肥満やアレルギーを起こしやすくなります。チョコレートアレルギーの人はもちろん、そうでない人も食べすぎには注意しましょう。最近ではココアの代用品として栄養価の高いキャロブを使用したものも販売されていますので、このようなチョコレートも試してみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.