甲殻類アレルギーとは

甲殻類アレルギーとは

エビやカニが食べられない?

甲殻類アレルギーとはエビやカニ、シャコなどの甲殻類を食べるとアナフィラキシーショックなどの症状を引き起こすことです。特にイカやタコ、貝類に比べてエビは甲殻類アレルギーとして反応が強く出るものと言われています。食べるだけでなく、接触じんましん、粉塵の吸引による喘息なども引き起こすと言われています。カニもエビほどではありませんが、甲殻類アレルギーの頻度が高い食べ物で、摂食だけでなく触ることでじんましんなどを引き起こすとされています。甲殻類アレルギーは子どもだけでなく、大人でも持っているアレルギーです。

甲殻類アレルギーはどんな症状?

甲殻類アレルギーの症状は大部分が摂取後1時間以内にじんましんや皮膚の腫れを引き起こすことが多く、唇、のど、目や耳なども腫れてしまうという症状です。半数以上の人が口腔アレルギー症状をあらわし、呼吸器症状も含んだアナフィラキシーショックと言われる症状を出す人も半数以上いるとされています。アナフィラキシーショックとは、皮膚、粘膜、呼吸器、循環器、消化器、神経のうち2つ以上の重い症状が同時に起こったもので、特に血圧が下がってショック状態になることをアナフィラキシーショックと呼んでいます。この症状を起こしたら、意識がもうろうとすることも多いのでできるだけ早急に適切な処置をしないと危険です。

甲殻類アレルギーの原因

甲殻類アレルギーの原因はトロポミオシンという筋原繊維タンパク質と言われています。甲殻類アレルギーの中でもエビアレルギーの場合、多くがエビせんべいやかっぱえびせんに対しては症状がないとされ、高温で調理するとその製造過程でアレルゲンの低下があるのではないかと言われています。また、トロポミオシンは甲殻類だけでなく、ゴキブリなどの昆虫やダニ、以下、タコなどの軟体動物にも含まれていて、共通の抗原性があります。そのため、イカやタコなどの軟体動物やダニ、ゴキブリなどの昆虫に対してアレルギーを持つ人の中には、甲殻類アレルギーの症状を起こす人もいると言われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.