牡蠣アレルギーとは

牡蠣アレルギーとは

オイスターソースでも発症する牡蠣アレルギー

貝を食べることでアレルギー症状が出る貝アレルギーの人もいますが、得に牡蠣を食べることでアレルギー症状を起こす牡蠣アレルギーというものがあります。牡蠣は生で食べたり、焼いたり、煮たりして食べられる食材ですが、牡蠣アレルギーの場合は、どのような調理をしてもじんましんや発疹、下痢や腹痛などの皮膚系の症状や消化器系の症状を引き起こします。牡蠣そのものではなく、オイスターソースのような牡蠣を原材料としている食品も牡蠣アレルギーの場合は、症状が出ます。牡蠣アレルギーは時間をあけずに食べ、食あたりなどの症状を起こすと体が余計に敏感に反応するようになり、そのほかの食材でも症状が出るようになりますので注意するようにしましょう。

食中毒と間違いやすい牡蠣アレルギー

牡蠣はおいしい食材ですが、生で食べるのはとてもリスクが高いと言われています。牡蠣アレルギーの場合、ウィルスが原因の食中毒と混同されることがよくあります。ウィルスを持っている牡蠣を食べると、腹痛や吐き気、嘔吐、下痢、発熱といった症状を起こします、潜伏期間は平均1〜2日。通常は3日で回復するとされています。食中毒であって牡蠣アレルギーの場合は生がき以外の調理方法で食べると症状が出なかったりします。食中毒の予防は生で食べないこと。100度で十分に加熱して食べることです。

牡蠣アレルギーの予防法

牡蠣アレルギーの症状を起こさないためには、牡蠣を食べないことです。牡蠣が原材料になっているものも避けましょう。牡蠣アレルギーの場合でもアナフィラキシーショックが起こることもあります。アナフィラキシーショックはアレルギー反応においてもっとも重症なものとされています。個人差は大きく、ほんの少しだけ食べでも症状を起こす人もいます。アナフィラキシーショックのようなアレルギー反応を起こさないためには、自分が牡蠣アレルギーだということを、周囲の人に知っておいてもらうのも、アレルギー症状を起こさないためには大切です。自分が知らずに食べたものに牡蠣が入っていることもあります。他の人が気づいてくれればそれを避けることも可能です。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.