アルコールアレルギーとは

アルコールアレルギーとは

アルコールアレルギーは日本人に多い?

アルコールアレルギーは酒類を飲むとアレルギー反応を起こすアレルギー疾患です。アルコールを口にするだけでなく、肌に触れただけでもアレルギー反応を起こします。お酒が飲めない人もアルコールアレルギーに入ります。体内にアルコールを分解する酵素を持っていない人がこの症状を引き起こします。注射をする際にする消毒液を塗ると肌が赤くなってしまう人がいますね。それもアルコールアレルギーの一つです。お酒類が入ったチョコレートやケーキを食べだけでアレルギー反応を起こす場合もあります。また、化粧品にもアルコールが含まれている場合も多いので、注意しましょう。アルコールアレルギーという言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、日本人の50%が該当するとも言われています。

アルコールアレルギーの症状

アルコールアレルギーの症状は、酒類を口にすると顔が赤くなったり、体がかゆくなったり、かぶれたり、下痢を引き起こす場合もあります。また、アルコールに触れた部分が、赤くなったり、腫れたりします。また、アルコールアレルギーはぜんそくを引き起こすこともあります。アルコールは体内で代謝されアセトアルデヒドという物質に変わります。この物質により肥満細胞が刺激されヒスタミンという物質が放出されます。ヒスタミンは過剰に分泌されるとくしゃみや鼻水、かゆみ、さらにはぜんそくを引き起こす原因となるものです。このヒスタミンが鼻や口から肺へとつながる通り道を収縮させ、ぜんそくを引き起こすと言われています。

アルコールアレルギーの予防

アルコールアレルギーを予防するには、やはりアルコールを摂取しないことです。アルコールが入った菓子類などにも注意しましょう。さらに注意しなければならないのは、化粧品です。特に化粧水には成分としてアルコールが配合されているものが多いので、ノンアルコールのものを使用するようにしましょう。また、体内にアルコールを分解する酵素があるがどうかを知るには、病院でバッチテストを受けると分かります。心当たりのある人は受けてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.