大豆アレルギーとは

大豆アレルギーとは

大豆アレルギーとは、大豆をアレルゲン(抗体)とした食物アレルギーの一種です。大豆は、卵、牛乳と合わせて三大アレルゲンの食物と呼ばれています。

大豆アレルギーは、卵アレルギーや牛乳アレルギーなどと同じように、乳幼児からはじまり学童期に入る前には解決する場合が多いようです。大豆は、加工食品の主原料、副原料として広範囲に利用されているため、日々の食事から大豆を除去するのが非常に困難です。また、大豆アレルギーの人は『おから』にも特に気をつけるようにしましょう。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.