牛乳アレルギーとは

牛乳アレルギーとは

牛乳アレルギーとは、牛乳をアレルゲン(αs1−カゼインやβ−ラクトグロブリンなど)とした食物アレルギーの一種です。

牛乳アレルギーは成人になると比較的に発症する頻度は低くなりますが、乳幼児においては最も深刻なアレルギー病気のひとつであるといえます。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.