そばアレルギーの症状と治療法

そばアレルギーの症状と治療法

強い症状をともなうそばアレルギー

そばアレルギーはアナフィラキシーショックなど、強い症状を起こすものとして知られています。そばアレルギーの症状としては、のどのかゆみや気管支がふさがることで呼吸困難になるなどの症状を引き起こすことがあります。症状が起きて何も対処せずにいると、窒息して死亡するケースもあります。また、全身に水ぶくれの症状が出ることもあります。そばアレルギーの人はそばそのものだけでなく、そばを含む加工品には何でも強い症状が出るとされています。こしょうの風味付けやそばと共通の釜でゆでたうどんを食べただけでも、そばアレルギーの症状が出ます。

原因不明のそばアレルギー

そばアレルギーの症状を起こすアレルゲンの成分が何か、いまだに解明されていません。そばアレルギーの場合、そばのゆで汁や揮発した蒸気に対してもアレルギー症状が出ることが多いので、熱によって変性しにくい成分ではないかとされています。また、そば殻枕によってぜんそくなどの症状を起こすことも多く、そば殻にも共通する成分がアレルゲンと考えられています。しかしながら、そばアレルギーに対しての有効な治療法はないとされ、そばアレルギーの人はいろいろな食品に含有しているそばに注意しながら食生活を送るということが治療法になっています。

自分の症状を知ることが治療法

そばアレルギーに対する有効な治療法がないという現状を踏まえ、自分のできることが治療法になります。食べた食物に対して、かゆみやじんましんなどの症状が出た場合は、その食物を覚えておくこと、どのような食物に対してアレルギー症状を起こすのかを知っておくことが、そばアレルギーの治療法になります。食物アレルギーの中には少ずつ慣れていくことが治療法となる場合もありますが、そばアレルギーにはその治療法が適しません。かえって症状を悪化させてしまいます。周囲の人にも自分がそばアレルギーだということを知ってもらい、理解・協力してもらいながら、そばアレルギーと上手に付き合っていきましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.