そばアレルギーとは

そばアレルギーとは

そばを異物として排除しようとする免疫機構

日本人に多く見られるそばアレルギー。そばを食べると15分〜数時間でアレルギー症状を引き起こします。そばはミネラルやタンパク質、ビタミンを多く含む食品ですが、そばを異物として排除しようとする免疫機能が働いてしまい、そばアレルギーを引き起こすのです。そばアレルギーの症状は、口の周りが腫れる、赤くなる、のどがかゆくなる、イガイガする、皮膚がかゆくなる、じんましんが出る、咳やぜんそくが出る、嘔吐、吐き気、下痢などいろいろありますが、重篤なアナフィラキシーショックを起こすこともあるので注意しなければなりません。

そばアレルギーの対策

そばアレルギーの原因はそばなので、対策としてはそばを食べないことなのですが、そばが混入されていると知らずに食べてしまう場合もあります。例えば、うどんを食べてそばアレルギーを起こすこともあり、それはうどんをゆでた釜がそばをゆでた釜だったという場合だけでも、そばアレルギーは反応するのです。そばアレルギーは症状が強く出る場合もあるので食品表示などをチェックして、注意することです。また、自分がそばアレルギーかどうかを検査しておくことも大切です。血液検査やアトピー検査で分かります。心配がある場合は早めに検査をして、食べ物には注意をしましょう。

アレルギー物質表示もされているそば

2002年から始まったアレルギー物質表示。原材料にこの食品が入っている場合は必ず表示をしなければならない食品は特定原材料と言い、小麦、卵、乳、そば、落花生です。そばは表示義務があるものの中に入っていますが、その理由はアレルギーを起こすと症状がひどいからです。ちなみに同じ理由なのは落花生。卵、小麦、乳はアレルギーの症例数が多いからです。このようなことからも分かるように、そばは昔から重篤なアレルギー症状を引き起こす食品として知られていました。そばアレルギーの人はごく微量でも、アレルギー症状が出ることが多いです。そばは麺だけでなく、そば粉やそば粉を使用して作られたそば饅頭、そばボーロ、そばもちんなども表示の対象となっています。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.