抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤の注意点

抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤の注意点

抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤を選択するにあたり、その時の状況やケースによって使い分けを行う必要があります。そのあたりを以下にまとめてみました。

▼ケース別の抗アレルギー剤(抗ヒスタミン剤)使用上の注意点

1.痒み強弱による薬剤の選択について

  痒み症状の強い方には薬効の強い薬剤を
  優先的に選択します。

2.患者さんの年齢を考えての薬剤選択について

  患者が高齢であれば、薬効がマイルドでも眠気、
  だるさの副作用の少ない薬剤を選択します。

3.眠気を感じては困る仕事、学業についている方
  の薬剤選択について

  もちろん、仕事や学業に支障が出ないように、
  眠気、だるさの副作用の少ない薬剤を優先的に
  選択します。

4.1日1回内服タイプの薬剤と1日2回内服タイプの
  薬剤のどちらが効果的か

  抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤には1日1回の
  内服でほぼ1日近く効果が続くタイプのものと、
  1日2回内服することが必要なタイプのものが
  あります。一般的に1日2回内服タイプのものの
  方が、1日中まんべんなく効果が持続します。

5.薬剤の価格=薬価について

  薬剤の価格(薬価)については、厚生労働省が
  決めています。

6.薬剤によって価格が違うことについて

  抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤の薬価は種類
  によってかなり異なり、低薬価の薬剤と高薬価
  の薬剤では数倍の価格の違いがあります。しかし、
  薬剤の効果が薬価に比例して数倍異なるといわ
  けではありません。

30年くらい前から抗アレルギー剤は開発がすすんで来て、今では約30種類くらいあります。内服薬だけでなく、点鼻薬や点眼薬、吸入薬といろいろな形のものが開発されています。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.