花粉症で使われる古典的抗ヒスタミン薬

花粉症で使われる古典的抗ヒスタミン薬

花粉症で使われる古典的抗ヒスタミン薬 は、レスタミン、タベジール、ポララミン、ピレチア、アタラックスP、アリメジン、ペリアクチンなど、古くから用いられている抗ヒスタミン剤です。

眠気などの中枢神経作用や、痰を粘らせるなどの抗コリン作用などが強く使いにくいものもありますが、その作用は詳しく知られており、現在もいろいろな場面 で効果を発揮する重要な薬です。  

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.