花粉症で使われる抗ヒスタミン剤

花粉症で使われる抗ヒスタミン剤

花粉症で使われる抗ヒスタミン剤は、花粉によって発生したヒスタミンの働きを抑えます。病院で処方されるポララミンなどの他、市販の薬に多く含まれています。くしゃみや鼻水、目のかゆみなどがひどいとき、即効的な効果が期待できます。

鼻炎カプセルなどについて

ポララミン復効錠や市販の鼻炎カプセルなどは、2層構造にしたり溶け出す時間の異なる2種類の顆粒を配合したりして即効性と持続性の双方を持たせています。アレルギー症状を抑制する薬で、さまざまなアレルギー疾患に処方されます。

副作用は強い眠気、口の渇き、倦怠感などがあり、抗アレルギー剤よりも出やすいです。なお、点眼、点鼻用としてはほとんど副作用もなく最も即効性があるため、市販の薬にも良く使われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.