抗アレルギー剤の副作用

抗アレルギー剤の副作用

一般的な副作用としては、発疹などの過敏症や悪心嘔吐などの消化器症状、頻尿、血尿などの膀胱炎様症状、GOT,GPT上昇などの肝機能障害、眠気、鎮静などの中枢神経抑制症状などが認められています。

中でも抗ヒスタミン作用を有する薬剤は、眠気や全身倦怠感などの中枢神経抑制作用が現われる可能性が強いため、この系統の薬剤を服用する場合には、車の運転や危険を伴う機械の操作などの従事しないなどの注意が必要です。

副作用について

また近年、厚生省の副作用情報においては、膀胱炎様症状や重篤な肝機能障害の副作用が報告されており、現在までに、インタール、リザベン、ザジテン、ケタス、アゼプチンで報告されています。

いずれも投与中止によって症状は改善されていますが、発現機序については明らかにされていません。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.