抗アレルギー剤「ロイコトリエン拮抗薬」

抗アレルギー剤「ロイコトリエン拮抗薬」

これもトロンボキサンA2阻害・拮抗剤と同様に強力な平滑筋収縮作用を有し、気管支喘息に使用されます。

喘息(ぜんそく)の発作時に起こる気道の平滑筋収縮や炎症に関係するロイコトリエンと呼ばれる化学物質の受容体に働いて、その作用を抑える効果があります。このため、気管支喘息への効果が大きいと言われています。

喘息(ぜんそく)をコントロールするために使われることが多く、長期にわたって服用します。ロイコトリエンは、鼻閉にも関係しているため、鼻詰まりにも有効です。鼻閉に効果 があるとされています。

オノンなどの小児用ドライシロップは、アレルギー性の湿疹やアトピー性皮膚炎(アトピー)、アレルギー性鼻炎、じんましん(蕁麻疹)、喘息などの発症予防に有効です。

【代表的な薬】
 プランルカスト水和物(オノン)

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.