卵アレルギーの出現する部位

卵アレルギーの出現する部位

卵アレルギーの出現しやすい部位

食物アレルギーの一つである卵アレルギー。卵アレルギーの症状にはじんましんや呼吸困難などがありますが、出現して消失するまでの時間や症状、度合いなどは卵へのアレルギーの強さとその人の抵抗力によってかなりの差があります。また、出現する湿疹のできやすい部位や症状はアレルゲンによって違いがあります。卵アレルギーの場合、出現する部位は乳児では頬から顎、耳の穴や耳全体、幼児期以降は手の甲、指などの部位にかたまって出現したり、肘や膝のくびれに出現することもあります。肩や臀部、大腿部といった部位にも湿疹は出現します。卵アレルギーの特徴的な湿疹として貨幣状湿疹やストロフルスがあります。

卵アレルギーの特徴的な症状

貨幣状湿疹の出現は卵アレルギーの特徴の一つと言われています。貨幣状湿疹とはコイン状の丸い形の湿疹のこと。じくじくしたり、赤いブツブツができ、かゆみも強い湿疹です。体幹や脚のすねの部位に出現しやすいと言われています。ストロフルスも卵アレルギーが原因となって出現する発疹です。腕や足、体幹などの部位に赤くてかゆみの強い、粟粒大でじんましんのような発疹です。春先から夏にかけて多く出現する発疹で、卵アレルギーの他に虫刺されが原因の場合もあります。かゆみが強い発疹で不眠や食欲不振、不機嫌などの症状を起こすことがあります。

赤ちゃんは全身に出現する?

卵アレルギーは幼児期の頃に発症することが多いアレルギーです。肌が非常に敏感で免疫もできていない赤ちゃんの頃にも卵アレルギーがでる場合があります。赤ちゃんの場合は、全身にボツボツの赤いできものが出現し、非常に強いかゆみをともないます。赤ちゃんは自分でかゆみを我慢することはできないので、すぐにかいてしまったり、不機嫌になったり、不眠の原因にもなります。赤ちゃんの頃に卵アレルギーになってしまうと治療は非常に困難と言われています。母乳の場合は、お母さんから卵の成分を吸ってしまう可能性もあるので、お母さんも卵を食べるのを止める必要があります。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.