抗アレルギー剤「ヒスタミンH1-拮抗薬」

抗アレルギー剤「ヒスタミンH1-拮抗薬」

いわゆる第二世代抗ヒスタミン薬をさし、古典的抗ヒスタミン薬はこの中に含まれません。この中には中枢神経抑制作用(つまり眠気などの症状)のあるものと無いものがあります。

抗ヒスタミン作用があるタイプの抗アレルギー剤で、アレルギーを引き起こすヒスタミンという化学物質が末梢神経に到達するのを邪魔することで、アレルギー症状を抑えます。

H1受容体とヒスタミンとの結合を抑えることにより、かゆみなどのアレルギー疾患に伴う症状を抑える薬剤です。アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、じんましんなどに効果的です。

効果が現れるまでには、早ければ数時間、通常2週間程度で安定した効果が現れます。多少眠くなったり、口の中が乾いたり、胃が痛くなるといった抗ヒスタミン剤と同じような副作用が出ることがあります。

アレグラは比較的眠くなりにくいので、運転される方や仕事される方にはお勧めします。

ザジテンなどの小児用ドライシロップは、アレルギー性の湿疹やアトピー性皮膚炎(アトピー)、アレルギー性鼻炎、じんましん(蕁麻疹)、喘息(ぜんそく)などの発症予防に有効です。

現在では、これらのヒスタミンH1拮抗剤が抗アレルギー剤として広く使用されています。

【代表的な薬】
ザジテン
セルテクト
塩酸エピナスチン(アレジオンなど)
アゼラスチン(アゼプチンなど
アゼプチン
アレグラ
トリルダン
ジルテック
ケトチフェン(ザジテンなど)

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.