抗アレルギー剤のメカニズム

抗アレルギー剤のメカニズム

アレルギー症状は、体内に入ってきた異物(アレルゲン)を排除しようとする体の免疫作用が、特定の物質に対して過剰に働いてしまうことによって起こります。

抗アレルギー剤は、こうした様々なアレルギー反応を引き起こす原因となるヒスタミンやロイコトリエンなどの炎症化学物質の生成を抑えたり、血管、体内への放出や末梢神経への伝達を防ぐことで、アレルギーの発症を抑制し予防します。これが抗アレルギー剤のメカニズムです。  

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.