アレルギー性気管支炎の治療

アレルギー性気管支炎の治療

まずは咳を止める治療

アレルギー性気管支炎の治療としては、まず咳を止めることです。医療機関での治療は気道を拡張する薬や痰をさらさらにする薬を使用します。自分でできる治療としては、うがいをすることも治療の一つになりますね。アレルギー性気管支炎の症状である咳は温度の変化や乾燥、冷たい空気が原因で器官が刺激を受け症状がひどくなることがあるので、部屋を暖かくして、室内の温度は一定に保つようにしましょう。アレルギー性気管支炎は風邪をひいたことが原因で発症します。なるべく風邪をひかないように健康管理に注意することも、アレルギー性気管支炎の治療につながります。

ハウスダストを除去する

アレルギー性気管支炎の治療として、原因であるハウスダストやダニを除去することも治療につながります。ハウスダストの除去方法は粉塵を巻き上げないようにすることが大切です。フローリングの場合は先に拭き掃除をしてから掃除機をかける方がホコリが空気中に舞い上がることがなく、ハウスダストが残りにくくなります。また、掃除機は吸い込んだホコリを排気で部屋に吐き散らかすことになるので、換気をしっかりと行うことが重要です。最近では、排気カットの掃除機や水フィルター使用の掃除機などが発売されています。そういった掃除機を使用するのもアレルギー性気管支炎の治療につながります。さらに、カーペットの掃除はゆっくりとかけることで、奥深くに潜んでいるダニを吸い出すことができます。

生活習慣を改善すること

アレルギー性気管支炎の治療は生活習慣の改善からはじまるといってもいいでしょう。咳や痰を悪化させるたばこはやめること、ホコリや冷気など気管支を刺激するものは避けること、刺激物はなるべく食べない、室内の換気に注意し細菌感染にも注意すること、風邪には注意すること。アレルギー性気管支炎の治療には、健康でいることが大切です。規則正しい生活、栄養バランスのとれた食生活を心がけましょう。また、健康でいるための基本は外から帰ったら手洗い、うがいです。忘れずに行いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.