アレルギー性気管支炎の原因

アレルギー性気管支炎の原因

アレルギー性気管支炎の原因はダニ

アレルギー性気管支炎の原因はヒョウダニやハウスダスト、花粉やカビなどが主な原因と言われています。風邪をひいて気管支が弱まっているところに、アレルゲン物質が付着し、ヒスタミンなどが過剰に分泌されることが原因で起こるとされています。アレルゲンにはいろいろなものがあるとされ、花粉やダニ、カビなどの他にも食品が原因になる場合もあります。魚介類や卵、牛乳などの他に、小麦粉やそば、大豆などもアレルギー性気管支炎の原因となると言われています。また、動物の毛もアレルギー性気管支炎の原因になるという報告も多数あります。

アレルギー性気管支炎の原因・ハウスダストとは?

アレルギー性気管支炎の原因の一つであるハウスダストとは空気中に存在する、ホコリやチリ、ダニやダニの死骸・フン、食べかす、犬や猫などのペットの毛、人の毛髪、ふけ、赤、植物の花粉、たばこの煙粒子など目に見えないものをまとめてハウスダストと呼んでいます。掃除をしてもそのホコリが空気中に舞い上がり、アレルギー性気管支炎などの原因となります。さらに近年においては高気密住宅化が進み、アレルギー性気管支炎の原因ともなるダニの発生も多くなりました。ダニをはじめとするハウスダストは、アレルギー性気管支炎の原因だけでなく、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎など原因にもなります。これらを取り除くことが、アレルギー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などを予防することになります。

原因を確認し治療を

アレルギー性気管支炎は小児ぜんそくの発症前の段階。アレルギー性気管支炎は治療をして回復すれば問題はないのですが、そのままそれが原因となり小児ぜんそくへと移行することがあります。ぜんそくは咳や痰が出て、のどがゼイゼイする病気です。発作が起きると苦しく、呼吸困難になる場合もあります。気管支炎を繰り返すとぜんそくになることもあります。このようなぜんそくになる前に、アレルギー性気管支炎の段階で、治療をきちんとするとともにその原因を見つけ、改善していくことが大切です。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.