アレルギー気管支炎の症状

アレルギー気管支炎の症状

アレルギー気管支炎の症状は咳

アレルギー気管支炎の症状はまずコンコンという乾いた咳が出ます。その後次第にゴホゴホという咳に変わり、湿った感じの咳になります。さらに胸の痛みやぜいぜいという症状が現れます。39度近くの熱が出る場合もあります。高熱は通常、2〜3日で下がる場合が多いです。アレルギー気管支炎の場合、発熱しないこともあります。早朝や就寝直後など、温度が変化するときに症状が出やすくなります。アレルギー気管支炎の症状の一つに痰がありますが、子どもの場合は飲み込んでしまうことが多く、気づかないことがあります。

アレルギー気管支炎の症状の特徴

アレルギー気管支炎は気管支に炎症を起こした状態です。慢性の場合は咳や痰の症状が2年以上続いていて、年に3ヵ月以上継続することを言います。咳などの症状が似ている気管支喘息や肺結核などの肺や心疾患に疾患のあるものはアレルギー気管支炎とは異なります。アレルギー性気管支炎の症状の特徴に咳があります。アレルギー気管支炎だと風邪よりも咳の症状がひどいのでは?と思いがちですが、そのようなことはなく、ウィルスや細菌のつく場所が異なるだけで、風邪だから軽い、アレルギー気管支炎だからひどい、という違いはありません。また、アレルギー気管支炎の症状としては、気道が腫れて狭くなり痰が多くなるという症状があります。

症状を軽くするには?

アレルギー気管支炎の症状である咳は、特に子どもの場合はかわいそうになってしまいますね。咳は痰を出すための大切な反応です。しかし咳の症状のために不機嫌になったり、眠れないと体力を消耗し他の病気になる危険性もあります。咳は気温が変化すると出やすいので、室内の温度は一定に保つようにしましょう。咳がひどくなると体力を消耗しやすくなるので、安静にすることが大事です。また、熱によって体内の水分が失われていきますので、水分の補給はこまめにするようにしましょう。水分補給は痰を出しやすくするためにも必要です。水分はジュースではなく、イオン飲料やお茶などを補給するようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.