薬物アレルギーの原因

薬物アレルギーの原因

薬物アレルギーの原因は、名前の通り薬物の投薬によりその薬物がアレルギーのアレルゲンであった場合に起こります。また、同じ薬を長期間繰り返し使用するといったことも、薬物アレルギーを起こしやすくする原因と言えます。

アレルギー体質の人は必ずその旨を医師に伝えることが重要です。特に、ある薬に対して、以前に軽いアレルギーがあった人が、再びその薬を用いるとショック症状を起こすこともありますので注してください。

なお、薬を連用するとその薬に対して感作され、アレルギーを起こしやすくなるので、薬は全て医師の指示で使うようにしてください。特に、手軽な市販薬を自己流で長く使用することは危険なので避けるようにしなければなりません。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.