紫外線(日光)アレルギーの注意点

紫外線(日光)アレルギーの注意点

紫外線(日光)アレルギーは、薬剤が原因となるものが多いのでその点は特に注意しなければなりません。、内服や注射した後に少量でも日光に当たってしまうと、1〜2日後に強いかゆみを伴う急性湿疹が発症します。症状は1〜2週間で治まりますが、引き続き原因が加われば何度も再発して慢性化する場合もあります。

原因が何であれ、日光に過敏な人は、紫外線を防止できる衣類を着用し、日光を極力避け、日焼け止めを使うようにしなければなりません。光線過敏を引き起こす薬や化学物質は可能ならば投薬や内服を中止しましょう。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.