紫外線(日光)アレルギーの治療法

紫外線(日光)アレルギーの治療法

紫外線(日光)アレルギーの治療法としては、まず検査を受けることからはじめましょう。と言っても紫外線(日光)アレルギーのための特別な検査はないのですが、まずはいま発症している発疹が紫外線(日光)アレルギーによるものかどうかの特定は確実に行いましょう。大抵、皮膚が露出した部分だけに発疹が出た場合は紫外線(日光)アレルギーと疑って良いと言えます。

その他の病気、服用した薬、皮膚に塗った薬や化粧品などを詳しく調べると、紫外線(日光)アレルギーを起こした原因を特定するのに貴重な情報となります。

また、全身性エリテマトーデスなどの場合は、一部の患者でこの反応の感受性を高める病気を除外するための検査を行うこともあります。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.