紫外線(日光)アレルギーの原因

紫外線(日光)アレルギーの原因

紫外線(日光)アレルギーの原因は、皮膚にある光感作物質が特定の波長の光線を受けたときに体質変化によって光抗原(アレルゲン)ができる事です。このアレルゲン(抗原)が生体タンパクと結合しタンパクの完全抗原(アレルゲン)となって皮膚にアレルギー反応を起こすのです。

この感作された皮膚に光があたるたびに光抗原(アレルゲン)が生成され、アレルギー反応を起こすというわけです。人によって光抗原(アレルゲン)が出現しやすい場合と出現しにくい場合とがあるようです。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.