食物アレルギーの注意点

食物アレルギーの注意点

食物アレルギーの注意点としては、感作の弱いものから徐々にゆるめていくように心がけるということです。生ものより加熱したもののほうがアレルゲンになりにくい傾向があるという事にも注目したいところです。
    
例えば以下のようなことがあります。
 「  かたゆで卵 < 半熟卵 < なま卵  」
   
これは何を表しているかと言いますと、同じ「卵」でもなま卵よりもゆで卵のほうが食物アレルギーのアレルゲンになり得る可能性が低くなるということです。これは加熱したものはよりアレルゲンになりにくいということを明らかにしている一例と言えます。

また、身体の耐性ができたとしても、原因のあった食物は初期離乳食と同じつもりで1さじからはじめましょう。徐々に慣れていくということが非常に重要です。目安は、牛乳で週に1〜2回、加熱した卵で週に1〜2回というところでしょうか。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.