紫外線(日光)アレルギーの症状

紫外線(日光)アレルギーの症状

紫外線(日光)アレルギーには、日光じんましん(日光蕁麻疹)、化学物質による光感作、多形日光疹などがあり、太陽光にさらされた皮膚にかゆみを伴う皮疹ができるのが特徴です。

皮膚症状は発赤や浮腫、あるいは発疹〔丘疹、じんましん(蕁麻疹)、水泡など多彩〕です。これらのアレルギー反応は遺伝する傾向にあります。

その他、全身性エリテマトーデス、ポルフィリン症などが原因となって、太陽光にあたった皮膚が損傷を受ける紫外線(日光)アレルギーもあります。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.