ダニアレルギー対策のため畳やじゅうたんは避ける

ダニアレルギー対策のため畳やじゅうたんは避ける

ダニにとって畳やじゅうたんは、湿度が保たれ、エサとなるフケや垢、お菓子のクズなどが繊維の隙間に入り込み繁殖しやすい環境といえます。
そのため床はフローリングにすることが望ましいでしょう。

また、日本の住宅によく見られる畳にじゅうたんをひくスタイルは最も悪い状態といえ、畳とじゅうたんの間は湿度が保たれ、掃除がほとんどされないためダニにとって格好の住みかとなってしまいます。

また、たたみやじゅうたんをしようする場合は、室内灯の傘の上、たんす、テレビの後ろなどちょっとした隙間もほこりがたまりやすいのでまめに掃除をしましょう。

寝室は可能な限り毎日掃除機をかけるのがよいです。
じゅうたん、カーペットの掃除機かけは3日に1回は1平方メートルあたり20秒以上の時間をかけて下さい。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.