食物アレルギーの治療法

食物アレルギーの治療法

食物アレルギーの治療法としては、まず原因となる抗原(アレルゲン)を探すこととなります。血液検査により喘息(ぜんそく)、アトピー性皮膚炎等それぞれ違った検査をします。

抗原(アレルゲン)が判明すれば

抗原(アレルゲン)が判明すれば、まずはその食物を除去するように心がけなければなりません。食物の制限は必要最小限にして、代わりに別の食品をとり、身体の発育、成長に害のないようにすることも大事です。また、毎日、大量に反復して同じ食品をとらないようにしましょう。同じ食物ばかり食べさせると良くないので必要なことと思われます。

子どもの食物アレルギー

子どもが食物アレルギーの場合、当然子どもへの食事、間食への配慮も必要となります。お菓子や料理は手作りで、間食は果物が良いでしょう。また、家族の方の協力も必要です。家族全員が出来るだけ同じものを食べるようにお願いします。

外食でも注意が必要です。外食での、すし、焼き魚、炉端焼き、そば、刺身、ジュース、みつまめ、くずもち、等アレルゲンとなる食事は避けるようにして下さい。

その成果があったのかを確認するために、半年から1年ごとにアレルゲンの検査を受けるようにしてください。その結果で食物を制限するか、除去するかで継続するかを医師と相談して決めましょう。繰り返しますが、まずはアレルギーの疑いの強い食物をまずは避けることです。軽く見て継続して摂取すると命に係わる危険性もありますので十分に注意が必要です。

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.