小児食物アレルギーの注意点

小児食物アレルギーの注意点

小児食物アレルギーの注意点としては、食物アレルギーは、どんな年代にも起こるものですが、消化機能がまだ未熟な赤ちゃん・乳幼児に最も多く見られるということに注意してください。

ただし、食物アレルギーは、3歳を過ぎる頃になると自然に減ってくるので、その頃になってもアレルギー症状が続く場合は、食べ物以外の環境のアレルゲンを疑った方がよいでしょう。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.