小児食物アレルギーの治療法

小児食物アレルギーの治療法

小児食物アレルギーの治療法としては、かつては、疑わし食べ物を片っ端から除去するという厳しい食事療法が行われていましたが、子供に行き過ぎた食事療法は好ましくないことから、それを見直す傾向にあります。

小児食物アレルギーが疑われるときは、まず、食事日記を付けて、怪しい食べ物の検討を付けた上で、病院で検査を受けましょう。

病院では、血液検査や皮膚テスト、検討をつけた食べ物を除いた食事を1〜2週間続けて様子を見る除去試験などをして、原因となる食べ物を突き止めます。

原因となるアレルギー物質のアレルゲンがわかれば、その食べ物を一定期間絶ち、抗アレルギー剤を飲むと言う治療を行います。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.