小児食物アレルギーの原因

小児食物アレルギーの原因

小児食物アレルギーの原因となるアレルギー物質は食べ物です。

あらゆる食べ物がアレルゲンとなるアレルギー物質の可能性がありますが、赤ちゃん・乳幼児にアレルギーを起こしやすいのは、卵(緒もよして卵白)、牛乳、大豆です。

その他、カニ、えび、米、そば、ピーナッツ、キーウィ、メロン、マンゴー、ニンニク、セロリなどもアレルギーを起こしやすいアレルゲンのアレルギー物質の食べ物です。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.