小児食物アレルギーとは?

小児食物アレルギーとは?

小児食物アレルギーとは、ある特定の食べ物を食べると体が過敏に反応して、病的な状態になる食物アレルギーが赤ちゃんなどの、乳幼児に起こるアレルギーのことです。

食物アレルギーは、どんな年代にも起こりますが、消化機能がまだ未熟な乳幼児に最も起こりやすく、これを小児食物アレルギーといいます。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.