アレルギーとは

アレルギーとは

アレルギーとは、ある特定の物質などを抗原として起こる抗原抗体反応のことを指します。

抗体を作る原因となるある特定物質(抗原(アレルゲン))が体内に入ってきた時、抗体あるいは免疫状態にあるリンパ球がこれを排除しようとしますが、この働きを「免疫」と言い、この抗原(アレルゲン)と反応した結果、体に不利な病的状態をおこしてしまう事を「アレルギー」、もしくは「アレルギー反応」と呼びます。抗体が抗原を的確にとらえてるところまでは同じなのですが体に良い結果をもたらすのが「免疫」で悪い結果をもたらすのが「アレルギー」というわけです。

アレルギーは、胞子・花粉・ふんじん・獣毛・薬品・塗料・衣類・牛乳・卵・エビ・カニなどの食物や、細菌・太陽光線などによって誘発され、発熱・喘息・皮膚炎・じんましんなどを発症します。これにより起こる病気がアレルギー疾患です。

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.