アレルギー性気管支炎

アレルギー性気管支炎

アレルギー性気管支炎は、乳幼児など人や時期によっては命に係わることもあります。アレルギー反応を誘発するアレルゲン(抗体)の正体は家屋に生息する「ダニ」や「ハウスダスト」などと考えられています。そのことを認識した上で対策することが非常に重要です。「アレルギー性気管支炎」では、アレルギー性気管支炎の怖さを再認識したうえで、私たちがとるべき正しい治療法は何なのかを追及します。

アレルギー性気管支炎一覧

スポンサードリンク

アレルギー性気管支炎とは?
アレルギー性気管支炎とは、気管支炎の中でもダニやハウスダストをアレルゲンとしてアレルギー反応を起こすアレルギー疾患です。 アレルギー性気管支炎は、気管支炎と同じくかぜに続いて起こることが多く、年長児では、大きい気管支に留まりますが、乳幼児では、細い気管支や肺に及びやすくなります。...
アレルギー気管支炎の症状
アレルギー気管支炎の症状は咳 アレルギー気管支炎の症状はまずコンコンという乾いた咳が出ます。その後次第にゴホゴホという咳に変わり、湿った感じの咳になります。さらに胸の痛みやぜいぜいという症状が現れます。39度近くの熱が出る場合もあります。高熱は通常、2〜3日で下がる場合が多いです。アレルギー気管支炎の場合、発熱しないこともあります。早朝や就寝直後など、温度が変化するときに症状が出やすくなります。アレルギー気管支炎の症状の一つに痰がありますが、子どもの場合は飲み込んでしまうことが多く、気づかないことがあります。 アレルギー気管支炎の症状の特徴 アレルギー気管支炎は気管支に炎症を起こした状態です。慢性の場合は咳や痰の症状が2年以上続いていて、年に3ヵ月以上継続することを言います。咳などの症状が似ている気管支喘息や肺結核などの肺や心疾患に疾患のあるものはアレルギー気管支炎とは異なります。アレルギー性気管支炎の症状の特徴に咳があります。アレルギー気管支炎だと風邪よりも咳の症状がひどいのでは?と思いがちですが、そのようなことはなく、ウィルスや細菌のつく場所が異なるだけで、風邪だから軽い、アレルギ...
アレルギー性気管支炎の原因
アレルギー性気管支炎の原因はダニ アレルギー性気管支炎の原因はヒョウダニやハウスダスト、花粉やカビなどが主な原因と言われています。風邪をひいて気管支が弱まっているところに、アレルゲン物質が付着し、ヒスタミンなどが過剰に分泌されることが原因で起こるとされています。アレルゲンにはいろいろなものがあるとされ、花粉やダニ、カビなどの他にも食品が原因になる場合もあります。魚介類や卵、牛乳などの他に、小麦粉やそば、大豆などもアレルギー性気管支炎の原因となると言われています。また、動物の毛もアレルギー性気管支炎の原因になるという報告も多数あります。 アレルギー性気管支炎の原因・ハウスダストとは? アレルギー性気管支炎の原因の一つであるハウスダストとは空気中に存在する、ホコリやチリ、ダニやダニの死骸・フン、食べかす、犬や猫などのペットの毛、人の毛髪、ふけ、赤、植物の花粉、たばこの煙粒子など目に見えないものをまとめてハウスダストと呼んでいます。掃除をしてもそのホコリが空気中に舞い上がり、アレルギー性気管支炎などの原因となります。さらに近年においては高気密住宅化が進み、アレルギー性気管支炎の原因ともなるダ...
アレルギー性気管支炎の治療
まずは咳を止める治療 アレルギー性気管支炎の治療としては、まず咳を止めることです。医療機関での治療は気道を拡張する薬や痰をさらさらにする薬を使用します。自分でできる治療としては、うがいをすることも治療の一つになりますね。アレルギー性気管支炎の症状である咳は温度の変化や乾燥、冷たい空気が原因で器官が刺激を受け症状がひどくなることがあるので、部屋を暖かくして、室内の温度は一定に保つようにしましょう。アレルギー性気管支炎は風邪をひいたことが原因で発症します。なるべく風邪をひかないように健康管理に注意することも、アレルギー性気管支炎の治療につながります。 ハウスダストを除去する アレルギー性気管支炎の治療として、原因であるハウスダストやダニを除去することも治療につながります。ハウスダストの除去方法は粉塵を巻き上げないようにすることが大切です。フローリングの場合は先に拭き掃除をしてから掃除機をかける方がホコリが空気中に舞い上がることがなく、ハウスダストが残りにくくなります。また、掃除機は吸い込んだホコリを排気で部屋に吐き散らかすことになるので、換気をしっかりと行うことが重要です。最近では、排気カ...
アレルギー性気管支炎の注意点
アレルギー性気管支炎を発症したことで、乳幼児が咳(せき)とともに痰(たん)を吐くこともありますが、特に食事制限をする必要などはありません。 逆に、水分が不足すると、痰(たん)の切れが悪くなるので十分な水分補給と栄養の摂取をするよう十分な注意が必要です。 ...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.