薬物アレルギー

薬物アレルギー

薬物アレルギー一覧

スポンサードリンク

薬物アレルギーとは
薬物アレルギーとは、ある薬に対して感作されることにより過敏な反応を示すことをいい、アレルギー体質の人に起こることが多く、また、同じ薬を長期間繰り返して用いると起こしやすいものです。 薬が一定量超えたときは、誰でも中毒症状が起こるものですが、薬物アレルギーの人は、少量の量でも反応を起こします。 ...
薬物アレルギーの症状
薬物アレルギーの症状として、最も多いのは、皮膚に症状が表れる皮膚症状で、数々の皮疹、ジンマ疹、剥離性皮膚炎、固定疹などがあげられます。 漆かぶれ、化粧品かぶれなどは、遅延型アレルギーによる湿疹です。 重要な全身症状としては、アナフィラキシーショック(血圧低下、顔面蒼白、冷や汗など)があります。 ...
薬物アレルギーの原因
薬物アレルギーの原因は、名前の通り薬物の投薬によりその薬物がアレルギーのアレルゲンであった場合に起こります。また、同じ薬を長期間繰り返し使用するといったことも、薬物アレルギーを起こしやすくする原因と言えます。 アレルギー体質の人は必ずその旨を医師に伝えることが重要です。特に、ある薬に対して、以前に軽いアレルギーがあった人が、再びその薬を用いるとショック症状を起こすこともありますので注してください。 なお、薬を連用するとその薬に対して感作され、アレルギーを起こしやすくなるので、薬は全て医師の指示で使うようにしてください。特に、手軽な市販薬を自己流で長く使用することは危険なので避けるようにしなければなりません。...
薬物アレルギーの治療法
薬物アレルギーの治療法としては、まずは、その薬の使用を止めることです。 アナフィラキシーショクの症状が起こってしまったら、直ちに、医師によって、アドレナリンや、ノルアドレナリンなどの昇圧剤、輸液、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ステロイド剤の注射をします。 窒息、呼吸停止などの症状があった場合は、気道確保、人工呼吸、酸素注入など、症状に応じた適切な対症療法を手早く行う必要があります。 抗ヒスタミン剤はジンマ疹などの皮膚症状に有効です。 ...
薬物アレルギーの注意点・予防
薬物アレルギーの注意点、予防としては、アレルギー体質の人は必ずその旨を医師に伝えることが大事です。 特に、ある薬に対して、以前に軽いアレルギーがあった人が、再びその薬を用いるとショック症状を起こすこともあります。 また、薬を連用するとその薬に対して感作され、アレルギーを起こしやすくなるので、薬は全て医師の指示で使うようにしてください。 特に、手軽な市販薬を自己流で長く使用することは危険なので避けるようにしてください。...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.