紫外線(日光)アレルギー

紫外線(日光)アレルギー

紫外線(日光)アレルギーとは、日光と日光の紫外線によって引き起こされる免疫システムの反応を指します。太陽光にさらされた皮膚にかゆみを伴う皮疹ができるのが特徴です。 皮膚症状は発赤や浮腫、あるいは発疹、丘疹、じんましん(蕁麻疹)、水泡など実に多彩です。「紫外線(日光)アレルギー」では、 紫外線(日光)アレルギーの原因や症状、治療法のほか注意点なども解説いたします。

紫外線(日光)アレルギー一覧

スポンサードリンク

紫外線(日光)アレルギーとは
紫外線(日光)アレルギーとは、日光と日光の紫外線によって引き起こされる免疫システムの反応を指します。 普通の人が照射されて問題のない程度の普通量の日光や紫外線(光線)照射でも健常皮膚に異常反応が出て何らかの皮膚症状を示します。 薬剤や化学物質などが原因となる外因性光線過敏症と、代謝障害や遺伝子異常など生体内の異常に伴って出現する内因性光線過敏症とに大別されます。 ...
紫外線(日光)アレルギーの症状
紫外線(日光)アレルギーには、日光じんましん(日光蕁麻疹)、化学物質による光感作、多形日光疹などがあり、太陽光にさらされた皮膚にかゆみを伴う皮疹ができるのが特徴です。 皮膚症状は発赤や浮腫、あるいは発疹〔丘疹、じんましん(蕁麻疹)、水泡など多彩〕です。これらのアレルギー反応は遺伝する傾向にあります。 その他、全身性エリテマトーデス、ポルフィリン症などが原因となって、太陽光にあたった皮膚が損傷を受ける紫外線(日光)アレルギーもあります。 ...
紫外線(日光)アレルギーの原因
紫外線(日光)アレルギーの原因は、皮膚にある光感作物質が特定の波長の光線を受けたときに体質変化によって光抗原(アレルゲン)ができる事です。このアレルゲン(抗原)が生体タンパクと結合しタンパクの完全抗原(アレルゲン)となって皮膚にアレルギー反応を起こすのです。 この感作された皮膚に光があたるたびに光抗原(アレルゲン)が生成され、アレルギー反応を起こすというわけです。人によって光抗原(アレルゲン)が出現しやすい場合と出現しにくい場合とがあるようです。 ...
紫外線(日光)アレルギーの治療法
紫外線(日光)アレルギーの治療法としては、まず検査を受けることからはじめましょう。と言っても紫外線(日光)アレルギーのための特別な検査はないのですが、まずはいま発症している発疹が紫外線(日光)アレルギーによるものかどうかの特定は確実に行いましょう。大抵、皮膚が露出した部分だけに発疹が出た場合は紫外線(日光)アレルギーと疑って良いと言えます。 その他の病気、服用した薬、皮膚に塗った薬や化粧品などを詳しく調べると、紫外線(日光)アレルギーを起こした原因を特定するのに貴重な情報となります。 また、全身性エリテマトーデスなどの場合は、一部の患者でこの反応の感受性を高める病気を除外するための検査を行うこともあります。...
紫外線(日光)アレルギーの注意点
紫外線(日光)アレルギーは、薬剤が原因となるものが多いのでその点は特に注意しなければなりません。、内服や注射した後に少量でも日光に当たってしまうと、1〜2日後に強いかゆみを伴う急性湿疹が発症します。症状は1〜2週間で治まりますが、引き続き原因が加われば何度も再発して慢性化する場合もあります。 原因が何であれ、日光に過敏な人は、紫外線を防止できる衣類を着用し、日光を極力避け、日焼け止めを使うようにしなければなりません。光線過敏を引き起こす薬や化学物質は可能ならば投薬や内服を中止しましょう。 ...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.