小児食物アレルギー

小児食物アレルギー

小児食物アレルギー一覧

スポンサードリンク

小児食物アレルギーとは?
小児食物アレルギーとは、ある特定の食べ物を食べると体が過敏に反応して、病的な状態になる食物アレルギーが赤ちゃんなどの、乳幼児に起こるアレルギーのことです。 食物アレルギーは、どんな年代にも起こりますが、消化機能がまだ未熟な乳幼児に最も起こりやすく、これを小児食物アレルギーといいます。 ...
小児食物アレルギーの症状
小児食物アレルギーの症状としては、食物アレルギーとあまり変わりません。 症状の表れ方は千差万別で、下痢、嘔吐、腹痛、せき、呼吸困難、アトピー性皮膚炎、ジンマ疹、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、発熱、頭痛、むくみ、さらには、神経にまで影響が及ぶこともあります。 しかも、ダニや、ハウスダストのアレルギーび比べると激しい症状が出るのが特徴です。 ...
小児食物アレルギーの原因
小児食物アレルギーの原因となるアレルギー物質は食べ物です。 あらゆる食べ物がアレルゲンとなるアレルギー物質の可能性がありますが、赤ちゃん・乳幼児にアレルギーを起こしやすいのは、卵(緒もよして卵白)、牛乳、大豆です。 その他、カニ、えび、米、そば、ピーナッツ、キーウィ、メロン、マンゴー、ニンニク、セロリなどもアレルギーを起こしやすいアレルゲンのアレルギー物質の食べ物です。 ...
小児食物アレルギーの治療法
小児食物アレルギーの治療法としては、かつては、疑わし食べ物を片っ端から除去するという厳しい食事療法が行われていましたが、子供に行き過ぎた食事療法は好ましくないことから、それを見直す傾向にあります。 小児食物アレルギーが疑われるときは、まず、食事日記を付けて、怪しい食べ物の検討を付けた上で、病院で検査を受けましょう。 病院では、血液検査や皮膚テスト、検討をつけた食べ物を除いた食事を1〜2週間続けて様子を見る除去試験などをして、原因となる食べ物を突き止めます。 原因となるアレルギー物質のアレルゲンがわかれば、その食べ物を一定期間絶ち、抗アレルギー剤を飲むと言う治療を行います。...
小児食物アレルギーの注意点
小児食物アレルギーの注意点としては、食物アレルギーは、どんな年代にも起こるものですが、消化機能がまだ未熟な赤ちゃん・乳幼児に最も多く見られるということに注意してください。 ただし、食物アレルギーは、3歳を過ぎる頃になると自然に減ってくるので、その頃になってもアレルギー症状が続く場合は、食べ物以外の環境のアレルゲンを疑った方がよいでしょう。...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.