アレルギー性接触皮膚炎

アレルギー性接触皮膚炎

アレルギー性接触皮膚炎一覧

スポンサードリンク

アレルギー性接触皮膚炎とは?
アレルギー性接触皮膚炎とは、アレルギーの原因となる物質に過敏な人だけに起こるアレルギー反応による接触皮膚炎・かぶれです。 2〜3日後に皮膚に異常が起こって起きます。ある種の原因物質が繰り返し皮膚に触れているうちに炎症を起こすもので、アレルギー体質のある特定の人にだけ起こります。 ...
アレルギー性接触皮膚炎の症状
アレルギー性皮膚炎の症状としては、はじめ、かゆみとともに紅班が出てきます。 その後は、触れたものの毒性が弱い場合は、この程度で済みますが、強いと、その後、丘疹や大小の水疱が表れます。 ときには、その部分に痛みや、熱感の出ることもあります。 やがて、水疱がつぶれて汁が出たり、化膿してのう胞を作ったりしますが、かさぶたができて、しだいに乾燥し、それがはがれ、治っていきます。 ただ、かきこわしたり、さらに同じ物質との接触を蜜にいしない限り、痛みや熱感が起こることはあまりありません。 ...
アレルギー性接触皮膚炎の原因
アレルギー性接触皮膚炎の原因となるものは、何が原因だかわからないケースが多く、そのため、同一原因物質との接触度合いが多いので、症状が広がったり重なったりすることがあります。 そして、アレルギー性接触皮膚炎の原因物質は、多種多様で、身の回りのもの全てとも言えます。 ただし、起こりやすいものがあります。 それは、次の記事を参考にしてください。 ...
主なアレルギー性接触皮膚炎の原因物質
化粧品(せっけん、シャンプー、リンス、スプレーなど)香料、色素、殺菌剤など 衣料類(防カビ剤、加工用樹脂成分、ホルムアルテヒド、レゾルシンなど) 金属(ニッケル、コバルト、水銀、バラジウム、クロームなど) ゴム成分(加硫促進剤、老化防止剤) 皮革、樹脂成分(クローム、カテコール類など) 文具、塗料その他(コピー用品、水銀など) 植物(サクラソウ、ウルシの系統、銀杏、マンゴー、キーウィなど) 外用剤、職業上用いる物質(塗料、農薬、現像液など) ...
アレルギー性接触皮膚炎の治療法
アレルギー性接触皮膚炎の治療法としては、原因物質を究明することにあります。 アレルギー性接触皮膚炎の原因物質がわかるとそれを遠ざけるようにすることが重要でしょう。 アレルギー性接触皮膚炎の原因物質がわかり、それを遠ざけることができれば、症状は自然に治ることもありますし、治療効果も上がります。 それだけに、原因物質の究明が重要ですが、ときには、幾つかのものが複雑に絡んでることもあり、アレルギー性接触皮膚炎の原因物質の究明には時間がかかります。 ...
アレルギー性接触皮膚炎の注意点
アレルギー性接触皮膚炎の注意点としては、家庭でアレルギー性接触皮膚炎の治療をしようとすることです。 家庭でのアレルギー性接触皮膚炎の治療では、アレルギーの原因物質がわからないまま薬局から薬を買って用いて、それが合わなくてかえって悪化させてしまうことも多いので特に注意が必要となります。 アレルギー性接触皮膚炎になった時は アレルギー性接触皮膚炎がおきた場合、必ず専門医の診断を受けて原因物質を決定してから適切な薬を用いることが大切です。 特に、生活する上での注意点を挙げますと以下のとおりとなります。 ?@かきおこさない ?A寒風や強い太陽光線にあてないようにする ?B不潔にしない 症状の程度で難しい面もありますが、係りつけの医師の指示に従い、対処方を決めるようにしてください。...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.