アレルギー性喘息(ぜんそく)

アレルギー性喘息(ぜんそく)

アレルギー性喘息(ぜんそく)一覧

スポンサードリンク

アレルギー性喘息(ぜんそく)とは?
アレルギー性喘息(ぜんそく)とは遺伝性の作用が強く働く病気です。 本人の既住や家族歴にアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などのアトピー性疾患が見られることが多く、皮膚反応や血液検査などで室内塵や花粉などの抗原に陽性を示すタイプの人をいいます。 アレルギー性喘息(ぜんそく)の発作の仕組みは、肥満細胞の表面でIgE抗体とアレルゲンは反応し、肥満細胞からヒスタミン・ロイコトリエン・などの化学伝達物質が放出されます。 *IgE抗体とは、アレルギー抗体とも呼ばれるもの。アレルギーを起こす抗原(例えば花粉など)との接触を繰り返すうちに体内に蓄積され、量が一定ラインを超えるとアレルギーを発症する。...
アレルギー性喘息(ぜんそく)の症状
アレルギー性喘息(ぜんそく)の発作の仕組みとして、肥満細胞の表面でIgE抗体とアレルゲンは反応し、肥満細胞からヒスタミン・ロイコトリエン・などの化学伝達物質が放出されるのですが、この化学伝達物質は気管支の平滑筋を収縮させてけいれんを起こし、粘膜の浮腫み、気管支狭窄を起こします。 また、分泌を亢進させる恐れもあり、鼻水や気管支粘液・痰を増やしてしまうので、これも気管支を狭くする一因と考えられます。 前述が即時型反応と呼ばれるもので、これによって起こる症状はアレルゲンを吸入して15〜30分後にピークになり、一時間くらいでおさまります。 これで症状がおさまれば軽い発作で済みますが、ぜんそく患者の約半数は数時間後に再び、遅発型反応による発作が起こると言われています。 遅発型反応は、好酸球によっておこる気道平滑筋収縮と気道粘膜炎症です。 好酸球は肥満細胞から放出された好酸球遊走因子や血小板活性因子、ヘルパーT細胞が作るサイトカインであるインターロイキン5などによって気管支に集められます。 炎症を放っておくと、気道の粘膜に変化が起こり、気道が狭くなったまま元に戻らなくなってしまいます。 したが...
アレルギー性喘息(ぜんそく)の原因
アレルギー性喘息(ぜんそく)の原因としては、肥満細胞から放出されたのと同じロイコトリエンなどの化学伝達物質を出し、これらの作用で平滑筋を収縮させ、粘膜に炎症を起こすのですが、この炎症によって粘膜に浮腫みが生じ、平滑筋の収縮によって狭くなった気管支をますます狭くするため、ぜんそくの症状が悪化することになり、1〜2日は継続してしまうのです。 ぜんそくの患者さんはもともと気管支が過敏になっているため、この刺激によって過敏性がさらに亢進されます。 そのためにさらに外界からの刺激に敏感になり、次の発作が起こりやすくなり慢性化へとつながっていくことになります。 ...
アレルギー性喘息(ぜんそく)の治療法
アレルギー性喘息(ぜんそく)の治療法は、アレルギー体質や慢性の気管支の炎症をなおす治療(予防的な治療)と気管支がせまくなっている状態をなおすための治療(急性発作の治療)があります。 急性発作の治療のためには副作用のつよい気管支拡張剤や内服,注射によるステロイド剤が必要ですす。 ぜんそくの治療の理想はこうしたつよい治療が必要ないように日頃から,予防的な治療を行うことが大切です。 もちろんストレスは気管支ぜんそくのきっかけを作る事から、ストレスをためこまず日頃の健康に気をつける事は言うまでもありません。 ...
アレルギー性喘息(ぜんそく)の注意点
アレルギー性喘息(ぜんそく)の注意点として、アレルギー性喘息(ぜんそく)は主に小児のぜんそくに多く、室内(ほこり、ダニ、ペットの毛)の環境や屋外のさまざまな有機物に対して発作を起こします。 また、季節性があったり、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などを合併しやすいのも特徴的です。   もともと、アレルギー体質を持っていると気管支の炎症がおこりやすく、このため、ちょっとした刺激で,気管支がイガイガする過敏な状態になりやすいのです。 そこにかぜなどのウイルスの感染、ストレスなどが加わることで気管支がせまくなり、痰が多くなり・咳・喘鳴・呼吸困難などの発作をおこします。 ...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.