アレルギー性肉芽種性血管炎

アレルギー性肉芽種性血管炎

アレルギー性肉芽腫性血管炎とは、全身の動脈に壊死性血管炎を生じる病気でチャーグ・ストラウス症候群とも呼ばれています。アレルギー性肉芽腫性血管炎の症状が出る前に気管支喘息や副鼻腔炎などのI型アレルギー性症状が先行する事が多く、血管炎症状として多彩な臓器症状を引き起こします。「アレルギー性肉芽種性血管炎」では、アレルギー症状の原因究明から治療法までを解説します。

アレルギー性肉芽種性血管炎一覧

スポンサードリンク

アレルギー性肉芽腫性血管炎とは
アレルギー性肉芽腫性血管炎とは、全身の動脈に壊死性血管炎を生じる病気でチャーグ・ストラウス症候群とも呼ばれています。 アレルギー性肉芽腫性血管炎は気管支喘息、好酸球増多、および血管炎にもとづく症状を主徴とする病気で、一般に血管炎症候群のなかに分類されていることが多いです。 アレルギー性肉芽腫性血管炎は、血管炎症候群の中では比較的ステロイド治療に対する反応は良好であるのですが、難治例、再発例に対してはステロイドパルス療法や、免疫抑制剤の併用、γ―グロブリン大量投与療法などで治療します。ステロイドパルス療法は比較的副作用が少なくて効果が大きいのが特徴です。...
アレルギー性肉芽腫性血管炎の症状
アレルギー性肉芽腫性血管炎の症状としては、血管炎症状の前に気管支喘息や副鼻腔炎などのI型アレルギー性症状が先行する事が多く、血管炎症状として多彩な臓器症状を呈します。多発性単神経炎を主体とする神経症状が頻度が高く、全症例の70%以上で認められます。 その他、関節炎、肺、心臓(冠動脈疾患)、皮膚(発疹)、消化管(潰瘍)、腎症などが起こることが多いと言えます。 アレルギー性肉芽腫性血管炎は、血管炎症候群の中では比較的ステロイド治療に対する反応は良好であるのですが、難治例、再発例に対してはステロイドパルス療法や、免疫抑制剤の併用、γ―グロブリン大量投与療法などで治療します。ステロイドパルス療法は比較的副作用が少なくて効果が大きいのが特徴です。...
アレルギー性肉芽腫性血管炎の原因
アレルギー性肉芽腫性血管炎の原因はまだ謎に包まれていますが、あえて推測するなら、体内の非自己抗原に対する宿主の過敏な反応が発症の基礎になっていると解釈できます。 好酸球が分泌するサイトカインの分析が進めば、病因解明の重要なカギになるかもしれません。 アレルギー性肉芽腫性血管炎は、血管炎症候群の中では比較的ステロイド治療に対する反応は良好であるのですが、難治例、再発例に対してはステロイドパルス療法や、免疫抑制剤の併用、γ―グロブリン大量投与療法などで治療します。ステロイドパルス療法は比較的副作用が少なくて効果が大きいのが特徴です。 また、ステロイドの副作用が著しい場合、あるいはステロイドの減量がむずかしい場合などには免疫抑制剤を併用します。...
アレルギー性肉芽腫性血管炎の治療法
アレルギー性肉芽腫性血管炎の治療としては、血管炎症候群の中では比較的ステロイド治療に対する反応は良好であるのですが、難治例、再発例に対してはステロイドパルス療法や、免疫抑制剤の併用、γ―グロブリン大量投与療法などが試みられています。 ステロイドパルス療法は比較的副作用が少なくて効果が大きいです。。 また、ステロイドの副作用が著しい場合、あるいはステロイドの減量がむずかしい場合などには免疫抑制剤を併用します。 *ステロイドパルス療法は、点滴によりステロイド剤を通常3日間程度大量投与する治療方法 ...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.