アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎一覧

スポンサードリンク

アレルギー性結膜炎とは?
アレルギー性結膜炎とは、アレルギー性鼻炎や喘息(ぜんそく)、アトピー性皮膚炎などにかかったことのある人、アレルギー体質の人がいる場合などに多く見られるアレルギーです。 アレルギー性結膜炎の中で、スギ花粉を主にアレルゲンとするものをスギ花粉症と言います。 ...
アレルギー性結膜炎の症状
アレルギー性結膜炎の症状としては、結膜やまぶたが急にかゆくなり、こすると赤くなったり、痛みが出たりします。 異物感、白っぽい糸を引くような目やに、涙、結膜の浮腫、まぶたの裏の結膜には、乳頭という小さい隆起がたくさん見られ目が赤くなります。 あとは、発赤などが見られますが、それほど症状は重くなりません。また、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、などが起こることもあります。 ...
アレルギー性結膜炎の原因
アレルギー性結膜炎の原因、アレルゲンとしては、スギやブタクサの花粉、ダニやペットの毛、ハウスダスト、カビなどがアレルゲンとなることが知られています。 家族の中に、同じような症状の人がいる場合が多く、アトピー体質が原因となることもあるようです。 アレルギー性結膜炎は、原因となる物質が目に入らないように最も注意しなければなりません。スギ花粉をアレルゲンとするアレルギー性結膜炎の場合には、抗アレルギー剤点眼薬を2月のはじめころから使い始めますので準備しましょう。この薬の性質から、スギ花粉が飛んでくる前から使うと、花粉が飛んできても目がアレルギー反応を起こさない準備ができます。 また最近では、花粉注意報などの予報がでてますので、それに合わせ、ゴーグルしたり、マスクをしたりすることが役に立つと思われます。 ...
アレルギー性結膜炎の治療法
アレルギー性結膜炎の治療法としては、インタール、ザジテン、副腎皮質ステロイド剤、フルメトロン、などの副作用の少ない抗アレルギー点眼薬にて点眼を行います。 また原因となる物質が目に入らないように工夫します。 スギ花粉をアレルゲンとする花粉症の場合には、抗アレルギー点眼薬や、副腎皮質ホルモン剤の点眼をすることで治療します。 アレルギー性結膜炎は、原因となる物質が目に入らないように最も注意しなければなりません。スギ花粉をアレルゲンとするアレルギー性結膜炎の場合には、抗アレルギー剤点眼薬を2月のはじめころから使い始めますので準備しましょう。この薬の性質から、スギ花粉が飛んでくる前から使うと、花粉が飛んできても目がアレルギー反応を起こさない準備ができます。 また最近では、花粉注意報などの予報がでてますので、それに合わせ、ゴーグルしたり、マスクをしたりすることが役に立つと思われます。...
アレルギー性結膜炎の注意点
アレルギー性結膜炎の注意点としては、原因となる物質が目に入らないようにすることが一番重要です。 スギ花粉をアレルゲンとするアレルギー性結膜炎の場合には、抗アレルギー剤点眼薬を2月のはじめころから使い始めます。 この薬の性質から、スギ花粉が飛んでくる前から使うと、花粉が飛んできても目がアレルギー反応を起こさない準備ができます。 また最近では、花粉注意報などの予報がでてますので、それに合わせ、ゴーグルしたり、マスクをしたりすることが役に立つと思われます。 ...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.