アレルギー性紫斑病

アレルギー性紫斑病

アレルギー性紫斑病は、食物や薬剤、場合によっては虫刺されや細菌などがアレルゲン(抗原)が原因で、主に関節や手足に流れる血管が脆くなり血管から血液が漏れてしまうほどのダメージを受けてしまうアレルギー疾患です。主に5〜15歳くらいの子どもに発症しやすく、アレルギー性紫斑病患者の約半分を占めるといわれます。大人になってもアレルギー性紫斑病を患う人もいますが、大人になればなるほど完治まで時間がかかりますので注意しなければなりません。

アレルギー性紫斑病一覧

スポンサードリンク

アレルギー性紫斑病とは?
小児に多いアレルギー性紫斑病 アレルギー性紫斑病とは、別名ヘノッホ・シェーンライン紫斑病やアナフィラクトイド紫斑病、欠陥性紫斑病などと呼ばれている病気で、皮膚、関節、消化器、腎臓などの血管が炎症を起こし、血液が漏れる病気です。食物アレルギーや薬物アレルギーが原因となり発症します。紫斑とは内出血したあざのことです。5〜15歳の子どもに起こる病気で、特に3〜10歳の小児に最も多く、男児の方がかかりやすいとされていますが、年長の小児や成人にも怒る病気です。小児では最も頻度の高い血管炎といわれ、発症率も高いようです。アレルギー性紫斑病の半数は腎臓病が発症し、紫斑病性腎炎と呼ばれています。ほとんど完治するのですが1〜2%の患者さんに腎不全が起こるとされています。 アレルギー性紫斑病の診断 アレルギー性紫斑病の多くは風邪などの呼吸器感染の後に発症することが多いのですが、薬物に対するアレルギー反応によっても発症します。最初は足や腕、尻などの皮下で血液が漏れ、青紫の小さなあざができます。そのあざが数日経つと盛り上がって硬くなります。数週間で次々とあざができていきます。さらに関節が腫れて痛み、熱を持つこ...
アレルギー性紫斑病の原因
アレルギー性紫斑病の原因は感染症 アレルギー性紫斑病の原因は明らかにはなっていないようですが、体を守る免疫システムの一つであるIgAという抗体と関係があるのではないかと考えられています。その原因となるのが感染症、薬剤、食物、昆虫です。感染症においては溶連菌と言われるもので、マイコプラズマ、レジオネラ、キャンピロバクター、エルシニア、また、B型肝炎ウィルス、EBウィルス、水痘、パルボウィエルス、サイトメガロウィルス、アデノウィルスなどが原因と言われています。薬剤においてはペニシリン、アンピシリン、エリスロシンなどの抗生物質、食物では卵や牛乳、小麦粉、魚、トマト、ジャガイモなどが原因とされています。また、アレルギー性紫斑病は虫刺されなどもアレルギー性紫斑病の原因と言われています。 血管がもろくなることが原因 アレルギー性紫斑病は全身の、特に毛細血管に炎症が起こってあらゆる症状を起こす病気です。血管は全身にありますので、皮膚への血管が炎症を受けもろくなると、それが原因で紫斑や浮腫が現れます。腎臓への血管が炎症を起こすと血尿やタンパク尿が出てくるのです。アレルギー性紫斑病は皮下出血による紫斑は...
アレルギー性紫斑病の症状
アレルギー性紫斑病の症状は赤い湿疹 食物アレルギーや薬物アレルギーなどが原因となって発症するアレルギー性紫斑病。病名のように症状としては、内出血した青あざのような、赤い湿疹のような紫斑が見られます。この症状は特に毛細血管に炎症が起こり、血管がもろくなって血液がもれることが原因で起こる症状です。血管は全身にありますから、皮膚への血管が炎症を受けると紫斑や浮腫が、腎臓への血管に炎症が起こると血尿や蛋白尿が出る、という症状になるのです。皮膚症状の紫斑は下肢に多く現れ、点状出血の症状が出ます。他には関節の腫れや痛み、腹痛や嘔吐、下痢、下血、吐血といった症状もあり、腎炎などの合併症を起こすこともあります。 アレルギー性紫斑病の詳しい症状 アレルギー性紫斑病の症状の特徴である出血斑は、足関節周囲を中心に両側に対照的に症状が現れます。時には上肢、顔面、体幹などにも症状が現れることもあります。また靴下や下着などで締め付けている部位に症状が強く出ることもあります。最初は軽いかゆみのあるじんましんのような発疹から発症し、徐々に紫色の出血斑になります。また、アレルギー性紫斑病の症状の一つに、関節症状がありま...
アレルギー性紫斑病の治療法
アレルギー性紫斑病の治療は必要ない? アレルギー性紫斑病の治療法は通常は必要ないとも言われていて、現在現れている症状を緩和する治療法が主なものになります。症状が紫斑だけの場合は様子を見るだけということが多いのですが、腎炎の発症の可能性もあるため定期的な尿検査をして血尿やタンパク成分が出ていないかを確認することも必要です。アレルギー性紫斑病の治療法としては、アレルギー性紫斑病の原因を取り除くことが大切な治療法となりますので、抗生物質を使用します。止血剤や抗アレルギー薬である内服薬での治療法になります。炎症を抑えるためにはステロイドなどを使用した治療法になります。 症状がひどい場合は入院も アレルギー性紫斑病において腹痛が強い場合は入院での治療法が必要になる場合があります。関節痛に対してはアセトアミノフェンなどの投与が有効と言われていますが、関節痛や腹痛が強い場合はステロイドの注射を行うこともあります。アレルギー性紫斑病では凝固因子という体内のタンパク質が低くなっていることがありますので、凝固因子が低い場合には凝固因子を補充する治療法も行われることもあります。入院中は医師の指示に従い安静に...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.