動物アレルギー

動物アレルギー

動物アレルギーとは、主に同居する犬や猫などの動物がアレルゲン(抗原)となるアレルギー反応です。犬や猫そのものが原因となる場合と、犬や猫の毛やふけなど微粒子分子の浮遊が原因となる場合があります。私にも経験がありますが、ひどい状態になると呼吸困難に陥り発症した部屋にずっといることは不可能なくらいで、退室した後も呼吸の正常化までに数時間を要するほどです。「動物アレルギー」では、主に犬や猫など身近なペットが原因で発症するアレルギーについて改善法を解説します。

動物アレルギー一覧

スポンサードリンク

犬アレルギーとは
犬を触ると呼吸困難になる? 犬アレルギーとは犬に触ったり、犬に近寄ることで人体にアレルギー症状が出ることです。くしゃみや出たり、鼻水が出たり、涙目になったり、ひどいときには呼吸困難になることもあります。犬アレルギーの原因は体毛やフケ、だ液などのほかに犬のフケを餌にして繁殖するヒョウダニだと言われています。そういったアレルゲンが人間の体内に入ることで犬アレルギーを引き起こします。ただし、不思議なことに犬の種類によっては犬アレルギーを起こさない場合もあります。犬アレルギーの人はアレルギー症状を起こさない犬選びをしたいですね。 アレルギーを起こさない犬とは? 犬の種類によって犬アレルギーを起こさないといっても、100%アレルギー症状がないとは言い切れませんが、可能性が低いと言われている犬がいます。へアレスアメリカンテリアやメキシカンへアレスなど、毛がほとんど生えていない犬がそうです。また、プードルや、マルチーズ、ミニチュアシュナウザー、ビジョンフリーゼ、アイリッシュウォータースパニエル、イタリアングレイハウンド、バセンジ、ベドリントンテリアなどの種類の犬は、犬アレルギーの症状を起こす可能性が...
犬アレルギーの原因と症状
犬の毛が原因で起こる犬アレルギー 犬や猫などの動物を飼っている家に入るとくしゃみが出たり、鼻水が止まらないといった症状を起こす場合があります。これは動物アレルギーの症状です。中でも犬に触ったり、犬がそばによることで体にアレルギーが起こるものを犬アレルギーといいます。犬アレルギーの原因は犬そのもの、体毛やフケ、唾液などが原因で起こるものと、犬のフケをえさとして繁殖するヒョウダニなどが原因で犬アレルギーの症状を起こすことがあります。特に家の中で犬を飼っている場合、犬アレルギーの人がその家に入ったりすると涙目になったり、ひどいときは呼吸困難になったりすることもあります。 犬の種類によって症状が異なる? 犬アレルギーの場合、犬が近寄ったり、なめたりするとくしゃみや鼻水、体のかゆみなどの症状を引き起こすのですが、犬の種類によっては症状がない場合もあります。犬アレルギーの症状の現れ方が異なる場合があります。例えばプードルなら症状が出るのに、ポメラニアンだと症状が出ない、ということもあるのです。また、犬アレルギーが出る原因には体調も関係していると言われています。体調が悪いと免疫力が低下しますので、犬...
犬アレルギーの治療と改善法
犬アレルギーの改善法は? 犬アレルギーの治療・改善法として最適なのは犬に近寄らないことです。しかし、ペットとして飼っている場合それは難しいですね。犬アレルギーの改善法としてはまずは部屋を清潔に保つことです。犬の体毛など犬アレルギーの症状を引き起こす原因となるものをできるだけ排除するのが犬アレルギーの治療となり、改善法になります。掃除はこまめにすること。その際、カーペットや畳を普通に掃除したのではアレルゲンは蓄積されていきます。ていねいに掃除機をかけることが犬アレルギーの改善法になります。部屋の換気もこまめにすること。また、空気清浄機などの利用も犬アレルギーの治療につながります。電灯や室内の器具、家具の裏側のホコリなどもキレイに掃除をしましょう。 犬をキレイにすることが治療 犬アレルギーの治療としては、犬をこまめにブラッシングし週1回程度はシャンプーをすることです。あまりシャンプーをしすぎると皮膚を傷めたり、フケを増やしてしまうことにもなるので注意が必要です。洗った後は十分にすすいでシャンプーなどが残らないようにしましょう。また、犬アレルギーの症状は自分が体調を崩していると症状が悪化しま...
犬アレルギーの予防と対策
犬アレルギーの予防するならば、あなたのアレルギー状態を正確に把握することが重要になります。あなたがこれからペットを飼おうとしているならば、尚更です。気になる場合は、最寄の病院に行って血液検査をし自分のアレルギーの種類と程度を調べるようにしましょう。 ▼検査すべき項目 ------------------------------------------------------------------------- 1.一般的なアレルギー抗体の数値を表すIgE(花粉症の方などもこの数値が高いそうです) 2.アトピー鑑別試験 3.飼いたいと思う動物(犬など)の上皮(毛のこと)、皮屑に対するアレルギー反応 ------------------------------------------------------------------------- 検査結果の数値が異常な場合はしばらく犬を飼うことを延期し、治療に専念したほうが良いでしょう。IPDカプセルというアレルギーを沈静化させる薬を飲み数値を正常化させましょう。その他、薬以外にも免疫力を整える健康食品などを使ってみることも有効です。...
飼い犬で犬アレルギーになった場合の対処
いま飼っている犬が原因でアレルギー反応がでてしまった方は、お気の毒にと言うしかありません。残念ながらその犬を飼っている限りアレルギー症状が無くなることはないと思います。しかし、症状を軽くすることはできると思いますので、次の方法に従い正しく対処してください。 まず、犬をできるだけ清潔に保つことが重要になります。しかしシャンプーなど科学潜在の使いすぎはペットの地肌を痛め、ふけ等の原因になりますから注意が必要です。犬の場合は、週に1度くらいが限度のようですのでその点注意し、できるだけマイルドな質のよいシャンプーを選ぶことが大事です。そしてもちろんすすぎをよくすることです。皮膚にシャンプー成分が残るとペットの肌荒れの原因になり、皮屑の量も増え、結果的にアレルギーをひどくさせるからです。 ...
犬アレルギーの症状を悪化させないための工夫
犬アレルギーの症状を悪化させないためには、とにかく家自体も清潔にするように心がけましょう。当たり前ながら掃除をこまめにすることと部屋の空気の循環をよくすることは、犬アレルギー患者にとって自分の居場所を確保する必要最低限なのです。 1日に何回掃除をすればいいのかは個人の症状によっても違うので一概には言えませんが、最低3回、できれば5回といったところでしょうか。今は便利な道具も市販されていますので、空気清浄器など強力なものを置いたほうが効果的と言えます。...
犬アレルギーの発症を予防するためには
犬アレルギーの発症を予防するには、自身の体力強化をはかることも必要です。 犬を飼っている、飼っていないに関わらず、体力の強化は重要ですが、アレルギー体質の人は一般的に免疫力のアンバランスが原因となっているようですから、その免疫力を向上するということは、アレルギーを根本から退ける大切な働きとなるのです。 食生活から改善する まずは、食生活の改善から試み、保存料の入っている出来合いの食品を食べることをなるべく避け、出来るだけ手作りにして添加物の摂取を避けるようにしましょう。その他免疫力のアップという意味では半身浴や岩盤浴による発汗がとても効果的です。生活リズムを整え、アレルギーに打ち勝つ体作りを目指したいものです。 免疫力をアップ また、免疫機能を調整するといわれている食品を、積極的に摂ることも大切なことです。 免疫力のアンバランスに大いに関係しているといわれる活性酸素を減らすという健康食品を食べると効果はあるようです。 運動も、ストレスを解消し体の免疫力強化には有効のです。 ただ大事なのはこうした対策は短期間で効果を期待できるものではないということです。 たとえ効果があったにしても、実際...
猫アレルギーとは
猫アレルギーの症状とは 猫アレルギーとは猫と接触することでアレルギー症状を起こすことです。猫に触ったり、猫のいる部屋に入るだけでくしゃみがでたり、鼻水が出たり、顔が腫れる場合もあります。目が赤くなったり、ぜんそくが出たり咳がでることもあります。症状は人によってさまざまです。通常、ずっと猫と生活を共にしてきた人が、ある日突然猫アレルギーになるということはないと言われています。ある日、アレルギー症状が出るのはダニやハウスダスト、ストレス、疲労などの他の要因が複合的に作用してアレルギー症状を起こすとされています。また、猫アレルギーの人でも適切な治療を受け、環境に注意し、猫と一緒に生活していて猫アレルギーを克服した例もあるそうです。 猫アレルギーの原因 猫アレルギーの原因は猫から出るフケや体毛などのタンパク成分、尿、だ液などです。それらが人間の体内に入り込み、アレルギー症状の原因となります。猫を家の中で飼っている場合、猫のフケや体毛は目につきにくく、猫はさまざまな場所に移動するため家の中のあちこちにアレルゲンがあることになります。特に猫のフケは軽いので、空気中に漂い拡散されて場所を広げるので気...
猫アレルギーの原因
猫から人が影響を受けるアレルゲンには4種類あると言われます。体毛、皮屑(皮膚のクズのことで、人間でいえばフケ、垢のようなもの)、唾液、尿の4つです。 尿についてはよっぽどのことがない限り、体に触れることがないのであまり重視することはないでしょう。唾液に関しても犬や猫に肌を舐めさせるなどの行為をさせなければ、アレルギーを起こすことはまずないと思われます。問題は体毛と皮屑です。 体毛と皮屑 猫アレルギーの人がなぜ多いのかいろいろ理由はあると思いますが、猫は普通お風呂に入れないので、皮屑の量が多いことが原因ではないかと思います。猫が体を掻いたとき、かなりの量の皮屑が周囲に撒き散らされています。猫のフケはダニのフンなどと比べて非常に細かく軽いため長時間空気中に漂います。ダニアルゲンとくらべ、約40倍飛んでいたという調査結果が出ているくらいです。 カーテン・壁・特に布製の家具には非常に沢山含まれています。猫のフケは軽く、長く空中に漂い、それが付着して溜まっていくので、溜まりやすい所から多く検出されるのです。...
猫アレルギーの予防と対策
猫アレルギーの予防と対策としては、マメに猫の手入れをしてやることが最も有効です。次第に症状が緩和され、猫の衛生状態も向上するわけですから、『猫の手入れ』は大切です。 お風呂に入れる頻度 猫にお風呂を入れるのは、2週間に1度くらいが丁度良く、猫にとっても負担にならないでしょう。猫は風邪を引きやすく、環境の変化を受け入れにくいデリケートな動物ですので、どうしても嫌がる場合は恐怖やストレスから思わぬ結果を招くこともあり初めてのお風呂は、夏場のシャワーから練習をする方が良いかもしれません。 ドライヤーで乾かせない猫 ドライヤーで乾かせない猫がいることも考慮ください。お風呂に入れないこの場合は、ブラシにガーゼをつけ、抜け毛、フケが絡みやすいようにしておき、こまめにブラッシングをしてください。タップリと時間をかければ、猫の皮膚の代謝が良くなり猫自体にダニが付きにくくなるメリットもあります。固く絞ったタオルで、全身を拭いてやるだけでも効果はあります。 直接触れると症状が出る場合は、手袋や腕カバーをし、終わったら着替えるなどの工夫も必要です。それでもダメな場合は、家族の出来る方に頼みましょう。 直接触...
猫アレルギーの注意点
猫アレルギーの方はスキンシップにも気をつけたいところです。スキンシップは、愛情表現の一つですから、ぜひとも触ってあげてほしいですが、必要以上に接するのは控える方が良いでしょう。猫好きな方に、スキンシップを止めろとは言いにくいのですが、注意が必要です。   また、猫アレルギーの症状にはボーダーラインがあるようです。猫アレルギーが瞬時に症状が出にくい方の場合は、症状が出てくる限界の時間内に触れ合うことを、1日のうちに何度か繰り返すのであれば、スキンシップは十分可能です。(たとえば 5分くらいなら大丈夫・・であれば、5分を何度も繰り返すように・・) 一方、症状が瞬時に出てしまう方は、手袋やマスクなど着用してください。猫とのスキンシップの後は、手や顔を洗うことをお忘れなく。一緒に遊ぶことはなるべく猫に我慢してもらいましょう。また、重い症状の患者さんの部屋にだけは『猫の入室禁止』も考えなければなりません。...
猫アレルギー対策としての環境改善法
猫アレルギーは、環境を変えることで大きく症状は改善します。具体的には、窓を開けいつも新鮮な空気と空気の流れをつくっておくことが特に重要となります。 しかし、ただ窓を開けているだけでは猫アレルギーの改善は望めません。なぜなら、部屋中を待った猫アレルギーの抗原(アレルゲン)がカーテン等の家具に大量に付着しているからです。ですので、窓を開けていてもカーテンを洗濯しない限りは、閉めているのと同じくらいの猫アルゲンが飛んでいることになります。カーテンを軽く揺さぶるだけで、膨大な猫のフケが舞いますので、十分気を付けてください。 部屋の掃除 通風を良くするほかに、掃除も大切です。簡易モップで掃除したフローリングで、2時間後にはかなりのアルゲンが溜まっていたとの調査結果もあります。特に、普段掃除をしない場所で風の通る部屋(場所)。そこを掃除しなければ、いくら他を掃除しても猫アレルギーの改善は望めないかもしれません。部屋のホコリの溜まっている場所でエアコンの風などが当たる場所には気をつけなければなりません。カーテンを洗濯したら激減したとの結果も出ているくらいです。 ちなみに、空気清浄機は猫アレルギーのア...
猫アレルギーの症状を悪化させないために
アレルゲンの排除で症状を悪化させない 猫アレルギーの症状を悪化させないためには、猫アレルギーの症状を引き起こす原因を排除することが必要です。生活環境に注意すること。窓を開け、新鮮な空気が流れる環境づくり、こまめな掃除は猫アレルギーの症状を悪化させないためには基本的なことです。特にカーペットはアレルゲンが蓄積されやすく、排除しにくいのでフローリングが望ましいとされています。カーペットの場合は掃除機をていねいにしっかりとかけましょう。また、空気清浄機も猫アレルギーの症状を悪化させないために重要。空気清浄機は猫アレルギーのアレルゲンを半減させるとも言われています。 猫を清潔にして症状を悪化させない 猫をキレイにしておくことも、猫アレルギーの症状を悪化させないためには大切です。数週間に1回程度はお風呂に入れてシャンプーをしてあげましょう。あまり頻繁にシャンプーをすることは肌を傷めてフケの原因になったり、猫へのストレスになるので、適度に行いましょう。シャンプーは皮膚に優しいものを使うことをお勧めします。洗浄力の強いものだとかえって皮膚に負担をかけてしまいます。ブラッシングはできるだけこまめに行い...
動物アレルギーの予防法
▼室内別居   ペットにはかわいそうですが、犬や猫の生活空間を制限する方法が有効です。家具の配置やキャットタワーなどで上下運動ができるよう工夫をして 患者さんと直接接触することを避けることもできるはずです。     ▼室外別居   ベランダや庭にペットの居住空間を作ると言う方法です。独りぼっちになって可哀想のような気もしますが、多頭飼育の場合なら何とかなりそうです。外からの珍客に怯えないよう、気温や湿度の調整をして、脱走できない大掛かりな『別荘』になりまが、そこまで必要な患者さんと、一緒に暮らしたいと言う愛情と情熱があれば、何とかなるかもしれません。 ワンルームのお宅でも幸せに暮らしている猫は沢山います。一部屋に閉じ込めるのは、可哀想かもしれませんが運動不足や、スキンシップ不足にならないように配慮すれば馴れてくれる様になると思います。日本の狭い住宅事情ですが、ご家族揃って考えれば『大切な子』を手放せずに、済むかもしれません。...
動物を飼っていて動物アレルギーの方へお願い
確かに動物アレルギーの方は、動物と触れるのは辛いことですし辛いと思いまが、安易に手放すことだけはお止めください。ペットと言えど、一緒に暮らしてきた大事な家族ですし、動物を捨てる行為は動物愛護法にふれる犯罪です。 これは脅しではありませんが、ペットと同居し続ければ動物アレルギーの悪化の可能性は大きくなります。しかし一方ではアレルゲンのひとつである動物が、いなくなったとしても精神的にストレスを感じれば、間違いなく免疫力は低下しますから他のアレルゲンの影響を強く受ける可能性が増すのです。 また、新生児がいる方は、動物アレルギーになってしまうんではないかと思う方もいるでしょうが、もともとアレルギー体質でないのに、動物のせいでアレルギーになるということはありません。逆に新生児のうちから動物が身近にいた子供のほうが、動物(犬や猫)が原因のアレルギーになることが少ないとも言われています。 アレルギーとは、生体に侵入した異物を攻撃する機能が過敏に働きすぎて体に影響を与えることをいいます。人間の子供の場合は、このメカニズムが確率するまでには、生まれてからしばらくかかりますので一概には言えません。免疫がな...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.