金属アレルギー

金属アレルギー

金属アレルギーとは、直接身に付けるアクセサリーなどの装飾品・宝飾品や歯科治療で使用する金属が原因で起こるアレルギー症状を言い、皮膚の炎症などのアレルギー反応が現れます。最近特徴的な金属アレルギーの原因にピアスがあります。個性を出すために耳だけでなくおへそや下唇などに穴を開けるのが流行っていますが、金属アレルギーを引き起こす原因になる可能性を高めます。「金属アレルギー」では、金属アレルギーの原因と治療法について解説します。

金属アレルギー一覧

スポンサードリンク

金属アレルギーとは
金属アレルギーとは、金属が原因で皮膚がかぶれる状態を引き起こす病気です。生体内に侵入した金属に対する免疫反応(アレルギー反応)で、その結果として組織傷害をもたらすのです。 金属アレルゲンの侵入経路は、金属と直接接する皮膚(肌)や口が挙げられます。 (1)経皮(イヤリング、ネックレスなど) (2)経口(食物、歯科金属など) 金属アレルギーによる代表的疾患はアレルギー性接触皮膚炎があります。アレルギー性接触皮膚炎は、かゆみを伴い、悪化すると痛みを感じることもあります。 ...
金属アレルギーの原因
金属アレルギーの原因は、ジュエリー(宝石)などの身に着けるものや日用品の中に含まれている金属です。その金属が汗や体液で溶け、イオン化して体内に入り込んで体内の蛋白質と結合して抗体となり、次また同じ金属と接触することで身体が拒絶反応(アレルギー反応)を引き起こすのです。 ネックレスや指輪であれば、表皮の上にするので、よほど皮膚の弱い方でない限り、 それが原因で発症するということは起きにくいとは言われています。ただ、ピアスに関しては要注意です。また、歯医者さんでの治療で使われる金属が原因になる場合もあります。歯科治療では歯の治療痕に詰めたり、 歯と歯をつないだり、歯にかぶせたりするのに金属を使います。使われる金属には、 ニッケル、クロム、アマルガム、パラジウム、亜鉛、コバルト、金などがあります。 今まで金属と接しても何ともなかった人でも、突然抗体ができて発症するというところが、金属アレルギーの厄介な点です。そして、一度抗体ができてしまうと原因となる金属(アレルゲン)と接触する度に炎症を起こすようになってしまい、抗体は数年から数十年、ひどい場合には一生消失することはないという厄介な病気なので...
金属アレルギーの症状
金属アレルギーの起きやすい状態というのは、アクセサリー(宝石等の装飾品)を身に着けている時です。 アクセサリーを身に着けている状態で、汗をかくと、そこに金属がイオン化して溶けて、 体内に入り込み、それによって金属アレルギーの抗体が出来、金属アレルギーを引き起こします。 金属アレルギーの症状は、腕や首周りが赤みを帯びたり炎症を起したりといった様々な特徴があります。全身に症状が出る金属アレルギーを全身性接触皮膚炎、または蕁麻疹(じんましん)と言い、全身だけではなく、口の中に症状が現れる金属アレルギーを接触皮膚(粘膜)炎、または扁平苔癬(へんぺいたいせん)と言います。 ...
金属アレルギーの治療法
金属アレルギー対策・治療法というのは残念ながら具体的なものがないというのが現状です。一度、金属アレルギーになってしまうと、完全に治癒するのは大変難しいのです。ですから、金属アレルギーになってしまった場合には、そのアレルギーを起こす金属を身に着けないように自分で予防するしかありません。 また、現在、金属アレルギーを発症していない人でもこれからかかってしまうという可能性が全くないとは言い切れません。金属アレルギーを起こしやすい金属は分かっているので、できるだけその金属を使っているアクセサリーは身に着けないようにするなどちゃんと予防をすれば、、金属アレルギーが発症する可能性は低くなります。 特に汗をかきやすい夏場は金属のアクセサリーは身に着けない予防が必要です。また、ピアスをつける方はチタンなどの金属アレルギーになりにくいものを選ぶと良いでしょう。...
金属アレルギーでかぶれた場合の治療法
金属アレルギーで注意したにもかかわらず、金属アレルギーでかぶれてしまった場合は、まずその金属の使用を中止することが大事です。稀に、革なめしの過程で使用される6価クロムによる皮膚炎などは、見た目には金属が含まれていないため、すぐには金属アレルギーだと気がつかないこともあります。 金属でなくても、接触している部分が皮膚炎を起こしたときには、すぐに使用をやめて皮膚科を受診しましょう。 皮膚科での金属アレルギーの治療は、副腎皮質ホルモン外用剤(ステロイド外用剤)を処方されることが多く、薬を塗れば1〜2週間で症状は軽くなります。しかし、一度金属アレルギーになるとほぼ一生治らないため、その後はずっと金属と接触するのを避けるか、使用条件を考えるなど予防をしなければなりません。 ...
金属アレルギーの注意点
金属アレルギーは、アレルゲン(抗原)である金属を特定し、その金属の使用を避けること、そして金属アレルギーにならない環境をつくるなどの予防がとにかく重要となります。 実際、自分が金属アレルギーだと気がつくのは、アクセサリーを使用していてなんらかの症状が出始めてからのことが多いのです。しかし、金属と接触している部分がかぶれたり、かゆみがあるなどの症状が出たら、初期段階で皮膚科を受診すれば、悪化することを避けられます。自分が金属アレルギーかどうか疑わしいと思ったら、まず病院へ行ききちんとアレルギー検査をするようにしましょう。 ...
金属アレルギーの検査(パッチテスト)
金属アレルギーの疑いが高まった場合は、皮膚科を受診しアレルゲン(抗原)金属の特定を行わなければなりません。この金属アレルギーの特定検査のことをパッチテストと呼びます。パッチテストは、ニッケル、コバルト、クロム、銀、金などの金属の検査薬をつけたシールを背中や腕に貼り、しばらく時間がたった後の反応を検査するものです。 アレルギー反応がない場合には何も変化しないのですが、金属アレルギーがある場合、アレルギー反応を起こす金属の部分だけ赤く変化し、陽性反応を示します。もし陽性反応が出たら、その金属は使わないほうが良いということになります。...
発汗と金属アレルギー
汗をかく時は金属等のアクセサリー(装飾品)を身に付けることは金属アレルギーになる可能性を高めているので外すようにしましょう。 ピアスも例外ではありません。場合によってはベルトのバックル部分などに反応を示す場合がありますので注意が必要です。 発汗時、汗と接触した金属部分がイオン化することで金属アレルギーによる接触皮膚炎が誘発されます。運動をする前はアクセサリーやピアスを外したり、夏場など汗をかきやすい日の使用は避けるなどの予防が必要です。普段からアクセサリーを身に付ける方は金属アレルギーにならないよう特にご注意ください。...
アクセサリー(ピアス)と金属アレルギー
金属アレルギーには、普段から身に付けているアクセサリーなどの装飾品が大きく係わっていますし、ピアスももちろん例外ではありません。 ピアスも含めアクセサリーの商品によっては、「ニッケルフリー」「ノンニッケル」などの表示があったり、使用している金属が明記されているものと表示のないものとがあります。アクセサリーを購入する場合は、どんな金属が使用されているのか確認することが金属アレルギーを予防する上ではとても重要となります。 金属アレルギーを起こしにくい素材 また、ファーストピアスには、金属アレルギーを起こしにくい純チタンが表面コートされている商品や金属ではないセラミック製や樹脂製などの商品が開発されているので、開けた穴が上皮化するまではこういった素材のアクセサリーを使用するのが良いと言えます。 アクセサリー(宝飾品)は直接身につけるものなので常に清潔にしておく必要があります。特に、ファーストピアスは、傷口に直接ピアスが接触するので、手入れや消毒を怠ると、金属アレルギーになる可能性をグッと引き上げてしまいます。 ...
ピアスアレルギーとは
ピアスアレルギーとは、ピアスを装着することに反応する金属アレルギー症状を指します。ピアスホール(穴)の内側の皮膚と金属が接触した際に出来た抗体がアレルギー反応を引き起こすメカニズムです。 初めてピアスホールを空ける(ファーストピアス)時に金属アレルギーが発症する事例が多く、直接金属が皮下組織に接してしまうことが抗体を作りやすくする直接原因になります。既に金属アレルギーがある人などは特にイヤリングやピアスを選ぶ時には注意しなければなりません。...
ピアスアレルギーの原因
ピアスでのトラブルで皮膚科に「金属アレルギーです」と訪れる方のほとんどが「ピアス外傷」です。実は、純粋な金属アレルギーの方はごく僅かで、パッチテスト(金属アレルギー検査)を行っても25%(4分の1)もいなことがデータから分かっています。 ピアスに穴を開けた直後、その穴(傷口)からは浸出液が出て金属イオンが漏出しやすい状態になります。これが金属アレルギー(ピアスアレルギー)の直接的原因となります。もしピアス穴をあけた状態が適切であれば(ピアッシングといいます)傷口から上皮化がすみやかに行われ、浸出液が出てイオン化される心配がなくなるのです。 ニッケル 金属アレルギーの中ではニッケルが多くを占めます。また、金アレルギーが一般接触性皮膚炎より多いのは、傷口に浸出液が出て金属イオンが漏出しやすい状態になるという理由からです。 若者を中心に増えているピアス外傷。ピアスの穴を明けた直後のピアス装着(ファーストピアス)には十分ご注意ください。...
ファーストピアス時の注意点
初めてピアスを装着する(ファーストピアス)時が最も金属アレルギーになりやすいとデータが表しています。では、ファーストピアス時に金属アレルギーにならないために我々が注意しなければならない点を以下に挙げます。 ▼ファーストピアス時の金属アレルギー予防 1.所有するピアスの軸にシリコンをコールティングする。 2.金属アレルギーが明らかな場合はセラミックやチタンを素材とした既製品ピアスを使用する。 3.ピアッシング(最初にピアス穴を開けること)して、ピアスホールが完成しているかどうか1カ月は経験のある医療機関で検査を行うこと。 4.ファーストピアスの素材選びを慎重に行うこと。 5.医療用ステンレスの表面を24金処理したものが多いが、金属アレルギーのある場合ファーストピアスはチタン処理あるいはセラミックの素材を用いた方が良い。(約1カ月ファーストピアスでピアスホールを完成させるといいと言われています) 6.ピアス穴から膿が出るなどの症状があるならばそれはピアスアレルギー皮膚炎の可能性が高いと言えます。ピアスアレルギー皮膚炎の可能性があるならば、異物のピアスを外して適切な治療を受けましょう。 金属...
歯科金属アレルギーとは
歯科金属アレルギーとは、 口腔内で金属がイオン化することで溶出したものが、皮膚の蛋白と結合し本来持ちあわせていない蛋白が生成され、その物質に免疫細胞が異物とみなし攻撃を与えるアレルギー反応を指します。イオン化され溶出する蛋白とは、いわば、金属メッキされた蛋白のようなものです。 溶出する金属は目で確認できないほどの超微量なものでもアレルギーの原因になりますし、口腔内には様々な要因がからみあって金属にとっては過酷な、溶出しやすい環境になっていると言えます。ガルバニー電流という異種金属間での電位差も溶出の原因になります。違う種類の金属を使うことにより、同一金属の場合よりもアレルギーを引き起こしやすいことがわかっています。...
歯科金属アレルギーの症状〜口内の症状〜
歯科金属アレルギーの症状として口の中に現れる症状を見ていきます。 ▼接触皮膚(粘膜)炎   金属と直接触れる部分に発症する炎症を接触皮膚(粘膜)炎と言い、舌、唇、歯ぐきなどが赤くなったり、ただれたりします。また、痛みやかゆみを伴うこともあり、現れる症状と部位により、口内びらん(こうないびらん ; 口の粘膜のただれ)、歯肉炎(しにくえん)、舌炎(ぜつえん)、舌痛症(ぜっつうしょう)などに分けられます。 ▼扁平苔癬(へんぺいたいせん)   平らよりもやや盛り上がった苔状の赤い斑点が粘膜や舌にできるものです。レース模様の白い斑点、かぶれ、あるいは出血を伴うこともあります。原因が特定できない場合もあります。具体的な病気名は以下のとおり。 ・異味症(味覚異常) ・Burninngu mouth syndorme(口腔粘膜、舌に灼熱感・疼痛) ・沈着症:金属の成分が溶出し、歯肉のメラニンが活性化することから起こる色素沈着 ・歯の変色:金属成分が溶出し、歯髄・歯面から組織に着色因子が取り込まれて起こるものがあります。 ・舌炎 ・口腔炎 ・口唇炎 ・肉芽種性口唇炎 ・アレルギー性接触皮膚炎 ・刺激...
歯科金属アレルギーの症状〜全身の症状〜
歯科金属アレルギーの症状として全身に現れる症状を見ていきます。 ▼全身性接触皮膚炎   直接触れる部位ではなく、血液などを介して直接金属が触れていない部位にも現れる皮膚炎です。湿疹のような「かぶれ」が見られることや、掌蹠膿疱症が挙げられます。掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、手のひらや足の裏に小さな水ぶくれがたくさんでき、赤くただれるもので、手のひらと足の裏に限局するのは、汗と関連があるともいわれています。具体的には以下の病気や症状が考えられます。 ・金属の電気的刺激による異常感(分かりにくいので、神経症と判断されやすい) ・全身性接触性皮膚炎 ・金属が直接触れていない部位の皮膚炎 ・赤斑 ・Baboon Syndrome ・肉芽種、腎炎、喘息、過敏性肺炎 ・扁平苔癬、白版症 ・非特異性免疫増強作用 ・蕁麻疹(じんましん) ・短時間で赤い斑点が現れたり消えたりするもの。...
歯科金属アレルギーの治療
歯科金属アレルギーの場合は、原因除去の治療が最もポピュラーです。口腔内に原因(アレルゲン)の金属があればそれを除去します。そして金属アレルギーになりにくいと言われている金属チタン、セラミック等に置き換えて行くのです。 アレルギーの原因である金属成分を含まない金属を使い歯科治療を行いたいのですが、歯科用合金の場合は、加工性能という技術的な問題があって、合金には様々な成分が0.1〜数十%含まれているためアレルゲン金属を完全に除去した中で治療することは非常に困難を極めます。金がいいので100%金で・・・と思ってもそれでは軟らかすぎて治療には適さない現実があるのです。 実は、純チタン(100%)を用いた治療が最近では可能になっています。アレルギーの原因になる金属がわかっていればこれが最も安全な方法かもしれません。 この他に、歯科金属アレルギーの治療として対処療法という方法もあります。口腔内の粘膜、皮膚の症状に対しては歯科、皮膚科で対処療法を行います。なるべく金属に直接触れない様にする方法です。...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.