アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎一覧

スポンサードリンク

アレルギー性鼻炎とは
アレルギー性鼻炎は、ホコリ、ダニ、ハウスダスト、花粉などの吸入性アレルゲン(抗原)の吸入により起こるくしゃみ・鼻みず・鼻づまりなど鼻粘膜系のアレルギー性疾患です。 最初はそれらアレルゲン(抗原物質)を吸入しても無症状のことが多いのですが、吸入するたびにだんだんと体内の抗体が多くなり、その抗体があるレベルを超えたときに、そのアレルゲン(抗原物質)を吸入したことをきっかけに発症します。 埃(ほこり)、ダニ、ハウスダスト、花粉などを鼻から吸い込むと、生体はそれらを排除しようとして過剰に反応し、連続するくしゃみや水性の鼻水、鼻づまりなどの症状がみられるのです。...
アレルギー性鼻炎の症状とは
アレルギー性鼻炎は、鼻アレルギーとも呼ばれます。 アレルギー性鼻炎の症状は立て続けに起こるくしゃみ発作、引き続いて起こる多量の鼻水、鼻づまりです。 このほかに、目のかゆみ、涙、頭痛、嗅覚障害などが挙げられます。人によりくしゃみが特にひどい場合、鼻水や鼻づまりが特にひどい場合など様々ですが、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、の3つの症状が揃えば、アレルギー性鼻炎と言って間違いないでしょう。 決まった時期に起こる季節性アレルギー性鼻炎と、一年中通して起こる非季節性アレルギー性鼻炎、通年性アレルギー性鼻炎があります。...
アレルギー性鼻炎の原因
アレルギー性鼻炎の原因と言っても実に様々です。近年のアレルギー患者の増加からも分かるように、自然食以外の増加、公害、有害なエアゾールの増加、非自然環境での生活が我々の体に多大な影響を及ぼしています。このアレルギー性鼻炎も例外ではなく、生活環境の変化、食生活の変化の直接的な影響を受けているアレルギー疾患のひとつです。 ▼アレルギー性鼻炎の原因(代表例) 1.埃(ほこり)・ハウスダスト 2.ダニ 3.花粉 4.食物 ...
ハウスダストによるアレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎の抗原(アレルゲン)として、花粉が近年増えていますが、やはり一番多いのは「ハウスダスト」によるアレルギーです。 一年中通して症状が出る通年製アレルギーの原因として、最も重要なのがこのハウスダストです。 ハウスダストには、寝具、敷物、衣類などの塵(チリ)や埃(ほこり)、人やペットのふけやあか、羽毛、ダニ、かび、細菌など極めて様々な原因が含まれています。 この中で最も重要なアレルゲンはダニであるとされています。...
食物アレルギーによるアレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎は、食物アレルギーが原因となることがあります。 主なアレルゲン(抗原)は、牛乳、蕎麦(そば)などです。 食物アレルギーによるアレルギー性鼻炎は、鼻炎単独の症状を示すことは少なく、皮膚症状や呼吸困難、喘息(ぜんそく)などの症状に合併することが多いようです。ここまでくるとアレルギー性鼻炎も非常に特定しにくいアレルギーですが、健康状態などこれまでと違った反応があった場合は、自分の生活環境、食生活を細部まで振り返ることの重要性が改めて分かります。...
花粉によるアレルギー性鼻炎
季節性アレルギー性鼻炎の代表できな抗原(アレルゲン)は花粉です。開花期に飛散する花粉を吸ってアレルギー性鼻炎が誘発されます。一般的には、花粉が原因で起こるアレルギー疾患を、「花粉症」と言われています。 代表的な花粉は、ブタクサ花粉とスギ花粉で、花粉が鼻から吸入されるとそのほとんどが鼻の粘膜に付着して、アレルギー性鼻炎を引き起こします。 しかし、気管支まで入ることはほとんどありませんので、花粉アレルギーは、鼻炎を起こしても、気管支喘息(ぜんそく)を起こすことは少ないのが特徴です。 ブタクサは8〜9月、スギは3〜4月に開花します。この季節は特に注意しなければなりません。...
花粉によるアレルギー症状とその治療法
花粉アレルギーは、くしゃみ、水のような鼻水、鼻ずまりなどの症状を伴います。さらに、花粉アレルギーによる花粉症は鼻水、鼻ずまりといった症状だけでなく、まぶたが腫れ上がるといった症状も見られることがあります。また、梅雨のない北海道では、牧草の花粉症もあります。 花粉アレルギーの花粉症の治療の場合、アレルゲン(抗原)の吸入を避けることが最重要課題で、花粉が飛散するシーズン中は特殊なマスクや眼鏡をし、十分な花粉対策をしなければなりません。 花粉アレルギーの治療としては、眠気の少ない抗ヒスタミン剤や局所作用性の吸入ステロイド薬が主に処方されます。...
アレルギー性鼻炎の治療法
アレルギー性鼻炎の治療にまず大事なことは、発病の原因となるアレルゲン(抗原)を取り除くことです。 アレルギー性鼻炎の治療法にはアレルゲン(抗原)に慣れさせ、接触しても発作を起こさないようにする治療方法や体質を改善していく治療方法などがあり、それらから自分にあう治療法を選ぶ力が必要になります。アレルギー性鼻炎患者の性質に合わせ治療法は3種類に分類されます。 アレルギー性鼻炎の治療法 1.減感作療法・特異的減感作療法 減感作療法とは、アレルギー性鼻炎の原因であるアレルゲン(抗原)が特定されている場合、その特定アレルゲン(抗原)を注射器で体内に投与してアレルゲン(抗原)物質に慣れさせようとする治療法です。アレルゲン(抗原)が特定されている場合に効果的と言えます。 2.対症療法 対症療法とは、基本的に薬剤投与による治療になります。直接鼻に噴射する局所療法と注射により薬剤投与を行う全身的療法とがあります。 3.手術療法 手術療法とは主に頑固な鼻づまりを解消するために行う治療法です。外来通院のみで済む場合と短期入院を必要とする場合とがあります。...
アレルギー性鼻炎を減感作療法で治療する
アレルギー性鼻炎における減感作療法とは、アレルギーの原因となるアレルゲン(抗原)に慣れさせる方法として効果的な治療法です。 減感作療法は、アレルゲン(抗原)がはっきり分かっている場合に、少量のアレルゲン(抗原)を何度も注射して徐々にその量を増やし、ついには多量のアレルゲンに接触しても発作を起こさなくするという治療方法なのです。 特異的減感作療法 特異的減感作療法ともいいますが、特異的減感作療法には、非常に長い期間かかりますが、子供でも大人でも治療が可能で、妊娠中に続けても胎児に影響がないとされてます。アレルギー性鼻炎の症状が軽減されても数年間継続することが大事です。 もしアレルゲンがはっきりわからない場合、非特異的減感作療法と呼ばれる治療方法があります。これは、その効果のほどがはっきりとわからないものがありますが、はっきり効果が出るものもあります。体質改善をさせるもので、変調療法とも呼ばれています。...
アレルギー性鼻炎を対症療法で治療する
アレルギー性鼻炎を早期に抑える治療として対症療法があります。 対症療法 対症療法には薬物を直接鼻の中に噴露したり点鼻する局所療法と、内服あるいは、注射による全身的療法があります。 局所療法の点鼻療法は、アドレナリン系薬剤や副腎皮質ホルモン剤などを使用します。どちらを使うにも、医師の指示に従いましょう。 全身的療法の内服療法は、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ホルモン剤がかなり効果的です。これらを内服すれば症状はほとんどなくなりますが、続けていると副作用が出ることもあります。この薬についても医師の指示に従うようにしてください。 点鼻薬・内服薬 その他に、抗アレルギー剤の点鼻薬、内服薬があります。この薬は効果が表れるまで1〜2週間かかりますので花粉症の方は、花粉の飛散前から服用することが望ましく、早めの準備により予防効果が認められています。 妊娠中の方などは、投与できる薬が少ないので安全のため薬は避けた方が良いでしょう。...
アレルギー性鼻炎を手術療法で治療
アレルギー性鼻炎における手術は、主に頑固な鼻づまりの改善を目的に行われます。 下甲介凝固法(薬物焼却法・凍結凝固法・レーザー手術)、下甲介粘膜手術などがあります。 外来通院のみで可能な場合もありますが、1週間程度の入院が必要なものもあります。手術療法は、減感作療法・薬物療法と組み合わせで行われるケースが多いと言って良いでしょう。 アレルギー性鼻炎は、とにかくアレルゲン(抗原)の除去、減量がその第一歩です。ハウスダスト(ほこり・ダニ・細菌・その他)が原因の場合、室内をよく掃除し、出来るだけ埃(ほこり)のつきにくい材料の床にするなどの工夫も必要です。...
アレルギー性鼻炎の注意点・対策
アレルギー性鼻炎の予防対策としては、とにかくアレルゲン(抗原)の除去、減量がその第一歩です。 ハウスダスト(ほこり・ダニ・細菌・その他)が原因の場合、室内をよく掃除し、出来るだけ埃(ほこり)のつきにくい材料の床にするなどの工夫も必要です。室内空気清浄器も市販されていますので、活用すると良いでしょう。 アレルギー性鼻炎は、主に頑固な鼻づまりの改善を目的に手術治療も行われます。下甲介凝固法(薬物焼却法・凍結凝固法・レーザー手術)、下甲介粘膜手術などがありますし、外来通院のみで可能な場合や1週間程度の入院が必要なものもあります。...
生活環境のアレルギー対策
カーペットやソファーにいるダニもアレルギーの原因です。 殺虫剤などもありますが、効果のほどは定かではありません。 ダニはエサの少ない場所には、少ないのでアレルギー性鼻炎の患者の方は排気口にフィルターの付いた掃除機を使用し床をいつも綺麗にしておきましょう。 また、寝る時がダニと接触する時が多いので、衣類や寝具も清潔に保つようにしましょう。 通気をよくすることが効果的です。 ダニは紫外線に弱いので、寝具は日光にあて、その後は掃除機で吸い取るようにしましょう。...
肉体についてのアレルギー対策
アレルギー性鼻炎についての対策として肉体に気をつけることについても挙げれます。 たばこ、酒と同じく塩分、糖分はアレルギー症状を誘発する原因となりますので、極力減らすようにしましょう。 また、食べすぎはアレルギー性鼻炎のみならず、あらゆる病気に悪影響を及ぼしますので、食事は腹八分目にすることも大事です。 そして、夕食は軽く早めに取るように。 太りすぎの人は減量を心がけてください。 また、無理をしない程度に肉体の鍛錬を行うことも効果的なことです。 過度にならないように、根気よく続けなければ効果がありません。 帰宅時に、うがい手洗いを行うことも当たり前のことですが重要なことです。...
精神面からのアレルギー対策
アレルギー性鼻炎の原因として精神面にも原因があります。 アレルギーを引き起こす引き金は、アレルゲンと接触することですが、これは外的要因です。 内的要員として、精神的な問題があります。 精神的・肉体的なストレスによる自律神経失調がアレルギーの発作を起こしやすい状態を作ります。 肉体の鍛錬にくわえて、こころの鍛錬もまた肝要ということです。 自分自身でも精神的因子を取り除く努力が必要なのです。...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.