食物アレルギーの種類

食物アレルギーの種類

食物アレルギーは実に多種多様です。3大アレルギーの卵、大豆、牛乳のほかにもアレルゲン(抗原)となりうる食物は身の回りに沢山存在するということを認識しなければなりません。具体的には、小麦、米、そば(蕎麦)、ピーナッツ、アルコール、果物、牡蠣(カキ)などです。「食物アレルギーの種類」では各アレルギーの特徴とその症状について解説しています。

食物アレルギーの種類一覧

スポンサードリンク

卵アレルギーとは
アレルゲンとして最も多い卵アレルギー 卵アレルギーは、現在アレルゲンとして最も多いとされているものの一つです。皮膚にアレルギー症状があったり、アトピー性皮膚炎を発症している人を検査すると、食物にアレルゲンがあることを示すことが多くあると言われています。卵アレルギーは成人よりも乳幼児に多く見られ、成長とともに減少していくとも言われています。授乳中の母親からの影響を受けて卵アレルギーを発症する場合もあります。卵アレルギーの症状はアトピー性皮膚炎、じんましん、下痢、嘔吐、気管支ぜんそくが特徴とされています。即時型のみでなく遅延型の症状もあり、症状がひどくなるとアナフィラキシーショックを起こすこともあります。 注意したい食品 卵アレルギーのアレルゲンの大部分は卵白に含まれるタンパク成分です。卵アレルギーの人は鶏卵はもちろんのこと、鶏肉や加工食品にも注意が必要です。パンやケーキ、はんぺん、かまぼこ、ちくわ、ラーメンなどの麺類、魚卵にも注意しましょう。卵アレルギーを起こす力の強いオボムコイドというタンパク質は水に溶けやすいという性質があり、例えば溶き玉汁などはスープに対して強いアレルギー反応を起こ...
卵アレルギーの出現する部位
卵アレルギーの出現しやすい部位 食物アレルギーの一つである卵アレルギー。卵アレルギーの症状にはじんましんや呼吸困難などがありますが、出現して消失するまでの時間や症状、度合いなどは卵へのアレルギーの強さとその人の抵抗力によってかなりの差があります。また、出現する湿疹のできやすい部位や症状はアレルゲンによって違いがあります。卵アレルギーの場合、出現する部位は乳児では頬から顎、耳の穴や耳全体、幼児期以降は手の甲、指などの部位にかたまって出現したり、肘や膝のくびれに出現することもあります。肩や臀部、大腿部といった部位にも湿疹は出現します。卵アレルギーの特徴的な湿疹として貨幣状湿疹やストロフルスがあります。 卵アレルギーの特徴的な症状 貨幣状湿疹の出現は卵アレルギーの特徴の一つと言われています。貨幣状湿疹とはコイン状の丸い形の湿疹のこと。じくじくしたり、赤いブツブツができ、かゆみも強い湿疹です。体幹や脚のすねの部位に出現しやすいと言われています。ストロフルスも卵アレルギーが原因となって出現する発疹です。腕や足、体幹などの部位に赤くてかゆみの強い、粟粒大でじんましんのような発疹です。春先から夏にか...
小麦アレルギーとは
小麦アレルギーとは、小麦をアレルゲンとした食物アレルギーの一種です。 小麦アレルギーは乳幼児から小学生までの子どもに発症しやすく、小麦は三大アレルゲンと言われる卵、牛乳、大豆といったものについでアレルゲンとして頻度の高い食物となっています。 また、アレルギー反応を起こす頻度が高い食品の1つであるため、厚生労働省の「特定原材料」として指定されています。小麦アレルギーの子どものお菓子として推奨されているのは煎餅(せんべい)や団子類、プリン、寒天類などがありますので参考にされると良いでしょう。 ...
小麦アレルギーの注意点
小麦アレルギーと診断されたら、当然のことながら小麦を含む食品は一切摂取しないことが望ましいといえますが、小麦は麺類やパスタ、パン、天ぷらの衣やカレーのルウ、餃子やシュウマイの皮、麦茶、ビール、ウイスキー、醤油、そばのつなぎなどの食品に使われているため注意が必要です。 小麦の代用食品として、デュラム麦、燕麦、はと麦、ライ麦や大麦粉などがありますが、重度の小麦アレルギーの人は避けたほうが無難と言えます。 ...
米アレルギーとは
米アレルギーとは、米をアレルゲン(抗体)とした食物アレルギーの一種です。米の外側は、たんぱく質を含んでいるため、このたんぱく質が米アレルギーの原因となってます。 日本人の主食である米が食べれない場合には、米の代わりにパンやうどん、また穀物として粟・きび、ライ麦等の代替食品を摂ることが出来ます。 米アレルギーの禁止・注意食品としては、米は当然のこと、米に近いとされる玄米やもち米、また、上新粉や白玉粉のほか、ビーフンや玄米茶、みりん、清酒といったもち米加工品 、さらには、もち菓子や煎餅(せんべい)といった米を使った菓子等があげられます。 ...
そばアレルギーとは
そばを異物として排除しようとする免疫機構 日本人に多く見られるそばアレルギー。そばを食べると15分〜数時間でアレルギー症状を引き起こします。そばはミネラルやタンパク質、ビタミンを多く含む食品ですが、そばを異物として排除しようとする免疫機能が働いてしまい、そばアレルギーを引き起こすのです。そばアレルギーの症状は、口の周りが腫れる、赤くなる、のどがかゆくなる、イガイガする、皮膚がかゆくなる、じんましんが出る、咳やぜんそくが出る、嘔吐、吐き気、下痢などいろいろありますが、重篤なアナフィラキシーショックを起こすこともあるので注意しなければなりません。 そばアレルギーの対策 そばアレルギーの原因はそばなので、対策としてはそばを食べないことなのですが、そばが混入されていると知らずに食べてしまう場合もあります。例えば、うどんを食べてそばアレルギーを起こすこともあり、それはうどんをゆでた釜がそばをゆでた釜だったという場合だけでも、そばアレルギーは反応するのです。そばアレルギーは症状が強く出る場合もあるので食品表示などをチェックして、注意することです。また、自分がそばアレルギーかどうかを検査しておくこと...
そばアレルギーの症状と治療法
強い症状をともなうそばアレルギー そばアレルギーはアナフィラキシーショックなど、強い症状を起こすものとして知られています。そばアレルギーの症状としては、のどのかゆみや気管支がふさがることで呼吸困難になるなどの症状を引き起こすことがあります。症状が起きて何も対処せずにいると、窒息して死亡するケースもあります。また、全身に水ぶくれの症状が出ることもあります。そばアレルギーの人はそばそのものだけでなく、そばを含む加工品には何でも強い症状が出るとされています。こしょうの風味付けやそばと共通の釜でゆでたうどんを食べただけでも、そばアレルギーの症状が出ます。 原因不明のそばアレルギー そばアレルギーの症状を起こすアレルゲンの成分が何か、いまだに解明されていません。そばアレルギーの場合、そばのゆで汁や揮発した蒸気に対してもアレルギー症状が出ることが多いので、熱によって変性しにくい成分ではないかとされています。また、そば殻枕によってぜんそくなどの症状を起こすことも多く、そば殻にも共通する成分がアレルゲンと考えられています。しかしながら、そばアレルギーに対しての有効な治療法はないとされ、そばアレルギーの...
牛乳アレルギーとは
牛乳アレルギーとは、牛乳をアレルゲン(αs1−カゼインやβ−ラクトグロブリンなど)とした食物アレルギーの一種です。 牛乳アレルギーは成人になると比較的に発症する頻度は低くなりますが、乳幼児においては最も深刻なアレルギー病気のひとつであるといえます。...
牛乳アレルギーの症状・治療法
牛乳アレルギーの症状としては下痢、嘔吐などの消化器症状のほか、アトピー性皮膚炎、喘鳴、アナフィラキシー・ショックなどを発症することも分かっています。 牛乳アレルギーの治療としては、当然ながら牛乳を摂取しないこと。乳幼児の場合には、牛乳の代わりに大豆乳や消化乳を飲ませ(ただし、大豆アレルギーに要注意)、それでも下痢などの症状が発症する場合には中心静脈栄養が必要となる場合もありますので、様子を見ながら摂取していく必要があります。 ...
大豆アレルギーとは
大豆アレルギーとは、大豆をアレルゲン(抗体)とした食物アレルギーの一種です。大豆は、卵、牛乳と合わせて三大アレルゲンの食物と呼ばれています。 大豆アレルギーは、卵アレルギーや牛乳アレルギーなどと同じように、乳幼児からはじまり学童期に入る前には解決する場合が多いようです。大豆は、加工食品の主原料、副原料として広範囲に利用されているため、日々の食事から大豆を除去するのが非常に困難です。また、大豆アレルギーの人は『おから』にも特に気をつけるようにしましょう。...
ピーナッツアレルギーとは
ピーナッツアレルギーは、ピーナッツ(落花生)をアレルゲン(抗体)とした食物アレルギーの一種で、そば(蕎麦)と同様に強い抗原性をもつ食品のひとつでもあります。 ピーナッツアレルギーは幼児期に発症することが多く、食べていなくても接触や吸入しただけで症状が強く発症することがありますので注意が必要です。 ...
ピーナッツアレルギーの症状と禁止商品
症状が強く出るピーナッツアレルギー ピーナッツアレルギーはアナフィラキーショックを起こしやすい代表的なものです。症状は激しく、全身じんましん、喘息、下痢、嘔吐、意識喪失、呼吸困難などの症状を起こします。ピーナッツアレルギーは食べることだけで症状が起こるものではなく、接触や吸入によっても症状が強く出る食べ物として知られています。最近では保育園や幼稚園などで豆まきの際に大豆の代わりにピーナッツを使うことが多いようですが、ピーナッツアレルギーの子どもはピーナッツの殻によって激しい喘息を起こしたり、ピーナッツアレルギーの症状を起こすことがあるようです。 ピーナッツアレルギーの禁止商品 ピーナッツはカシューナッツやピスタチオなどと交差抗原があり、ピーナッツだけではなく、他のナッツ類に対しても症状が出ることがあるので注意が必要です。ピーナッツアレルギーの禁止商品としては、アーモンドやマカデミアナッツ、カシューナッツ、くるみ、ピスタチオ、へーゼルナッツ、ブラジルナッツなどが禁止商品です。これらの禁止商品が原型になって出てくれば避けることができますが、形をとどめず含有されているかどうか分からない状態で...
アルコールアレルギーとは
アルコールアレルギーは日本人に多い? アルコールアレルギーは酒類を飲むとアレルギー反応を起こすアレルギー疾患です。アルコールを口にするだけでなく、肌に触れただけでもアレルギー反応を起こします。お酒が飲めない人もアルコールアレルギーに入ります。体内にアルコールを分解する酵素を持っていない人がこの症状を引き起こします。注射をする際にする消毒液を塗ると肌が赤くなってしまう人がいますね。それもアルコールアレルギーの一つです。お酒類が入ったチョコレートやケーキを食べだけでアレルギー反応を起こす場合もあります。また、化粧品にもアルコールが含まれている場合も多いので、注意しましょう。アルコールアレルギーという言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、日本人の50%が該当するとも言われています。 アルコールアレルギーの症状 アルコールアレルギーの症状は、酒類を口にすると顔が赤くなったり、体がかゆくなったり、かぶれたり、下痢を引き起こす場合もあります。また、アルコールに触れた部分が、赤くなったり、腫れたりします。また、アルコールアレルギーはぜんそくを引き起こすこともあります。アルコールは体内で代謝されア...
果物アレルギーとは
モモやリンゴを食べると口の中が腫れる 果物アレルギーは別名口腔アレルギー症候群とも呼ばれ、果物や野菜などを食べると15分以内に直接触れたくちびるや舌、のどの奥がかゆくなったり腫れたりします。さらにじんましんや目や鼻のかゆみ、吐き気、腹痛、下痢、気管支喘息などの症状を引き起こします。果物アレルギーの主な原因となるのはモモ、リンゴ、ナシ、イチゴ、サクランボ、スイカ、メロン、キウイ、バナナなどの他に、トマトやジャガイモ、ナスなどの野菜も含まれます。多くの場合、生の果物を食べたときに反応し、また、同じ果物でもよく熟したものに反応が強く出る、という特徴があります。また、リンゴをジュースやジャムにすると果物アレルギーが起こらない場合もあります。大量に食べると、呼吸器症状やアナフィラキシーを起こす危険性もあります。 花粉症と果物アレルギー 果物アレルギーの原因となる食べ物はシラカバなどの花粉と交差抗原性・アレルギーの原因となる物質が共通して含まれていることがあるため、成人などでは花粉症を起こした後に、果物アレルギーを起こす場合が多いとされています。例えば、スギ・ヒノキの花粉症の人はトマトに、シラカバ...
牡蠣アレルギーとは
オイスターソースでも発症する牡蠣アレルギー 貝を食べることでアレルギー症状が出る貝アレルギーの人もいますが、得に牡蠣を食べることでアレルギー症状を起こす牡蠣アレルギーというものがあります。牡蠣は生で食べたり、焼いたり、煮たりして食べられる食材ですが、牡蠣アレルギーの場合は、どのような調理をしてもじんましんや発疹、下痢や腹痛などの皮膚系の症状や消化器系の症状を引き起こします。牡蠣そのものではなく、オイスターソースのような牡蠣を原材料としている食品も牡蠣アレルギーの場合は、症状が出ます。牡蠣アレルギーは時間をあけずに食べ、食あたりなどの症状を起こすと体が余計に敏感に反応するようになり、そのほかの食材でも症状が出るようになりますので注意するようにしましょう。 食中毒と間違いやすい牡蠣アレルギー 牡蠣はおいしい食材ですが、生で食べるのはとてもリスクが高いと言われています。牡蠣アレルギーの場合、ウィルスが原因の食中毒と混同されることがよくあります。ウィルスを持っている牡蠣を食べると、腹痛や吐き気、嘔吐、下痢、発熱といった症状を起こします、潜伏期間は平均1〜2日。通常は3日で回復するとされています...
甲殻類アレルギーとは
エビやカニが食べられない? 甲殻類アレルギーとはエビやカニ、シャコなどの甲殻類を食べるとアナフィラキシーショックなどの症状を引き起こすことです。特にイカやタコ、貝類に比べてエビは甲殻類アレルギーとして反応が強く出るものと言われています。食べるだけでなく、接触じんましん、粉塵の吸引による喘息なども引き起こすと言われています。カニもエビほどではありませんが、甲殻類アレルギーの頻度が高い食べ物で、摂食だけでなく触ることでじんましんなどを引き起こすとされています。甲殻類アレルギーは子どもだけでなく、大人でも持っているアレルギーです。 甲殻類アレルギーはどんな症状? 甲殻類アレルギーの症状は大部分が摂取後1時間以内にじんましんや皮膚の腫れを引き起こすことが多く、唇、のど、目や耳なども腫れてしまうという症状です。半数以上の人が口腔アレルギー症状をあらわし、呼吸器症状も含んだアナフィラキシーショックと言われる症状を出す人も半数以上いるとされています。アナフィラキシーショックとは、皮膚、粘膜、呼吸器、循環器、消化器、神経のうち2つ以上の重い症状が同時に起こったもので、特に血圧が下がってショック状態にな...
菓子アレルギーとは
菓子アレルギーとは、食した菓子に含まれている体質に合わない油が原因で起こるアレルギー疾患です。 菓子アレルギーになると、 口の中に小豆ぐらいの大きさに血が膨れあがるような症状が現れ、症状が治まったと思っても菓子を食べますとまた血が膨れあがってしまいます。もし症状が治まらないようでしたら、ビタミン剤を飲んでください。少しはアレルギー反応が治まるでしょう。 また、スナック菓子アレルギーでは、菓子を食べると数時間後じんましんが出るという症状が出ることもあるようです。もし菓子アレルギーの疑いが強い場合はまずその菓子を食することを止め、どのような油や成分がアレルギー反応の原因となっているかを確認してください。...
チョコレートアレルギーとは
食物アレルギー「チョコレートアレルギー」 チョコレートアレルギーとは、チョコレート(カカオ)を食べることで起こる食物アレルギーの一つです。菓子アレルギーと混同しやすいのですが、異なるものです。チョコレートを食べると、じんましんや気管支喘息、嘔吐、腹痛、下痢、湿疹、鼻血、頭痛などの症状を起こします。2月14日後の数日間はこのような症状で病院に行く子どもが増えることからバレンタイン症候群とも呼ばれているそうです。チョコレートアレルギーは今までなんともなかった人が突然症状を起こすこともあるそうです。最悪の場合、アナフィラキシーショックを起こすこともあります。 チョコレートアレルギーの原因は? チョコレートアレルギーの原因はいくつか考えられています。一つはチラミンという物質。チラミンは血管の収縮を引き起こし、効果が切れると急激に血管の拡張を引き起こします。この作用によって粘膜が腫れたり、じんましんが起きたり、頭痛が起きたりとチョコレートアレルギーの症状を起こします。また、テオブロミンという物質もチョコレートアレルギーの原因とされています。テオブロミンは気管支喘息の治療で使用される気管支拡張剤で...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.