食物アレルギー

食物アレルギー

食物アレルギーは、I 型アレルギーにあたる反応で、初めの抗原(アレルゲン)の侵入によって多量に作り出されたIgE抗体が、再度のアレルゲン侵入時に反応し発症するアレルギーです。下痢、嘔吐などを伴う症状があり、体中に湿疹やじんましんもできる場合があります。主には3大アレルゲンである卵、大豆、牛乳により起こるのですが、いまではアレルゲンとなりうる食物は多種です。「食物アレルギー」では、食物アレルギーの典型的な症状と、原因、治療法に至るまでを徹底解説します。

食物アレルギー一覧

スポンサードリンク

食物アレルギーとは
食物アレルギーの定義 食物アレルギーとは、食物を摂取したときにアレルギーを介して不利益な症状が出る場合と定義されています。アレルギー体質の場合、特定のタンパク質にIgE抗体を作りやすい傾向にあって、摂取した食べ物とIgE抗体を介して症状が起こると言われています。ほとんどの食物アレルギーの場合、アレルゲンのある食物を摂取してから2時間程度で症状が現れる即時型反応を示しますが、中には少し遅れて症状が現れる場合もあります。食物アレルギーの症状で最も多いのは皮膚症状です。じんましんやかゆみ、赤くなる、顔が腫れる、発疹がでるなどといった症状ですね。食物アレルギーの症状としては咳や呼吸困難、ぜんそくのようにゼイセイする、口内が腫れる、目が赤くなる、吐く、腹痛を起こす、下痢になるなどといった症状もあります。ひどくなるとアナフィラキシーショックを起こすこともあります。 食物アレルギーの原因となる食品 食物アレルギーの原因となる食品はさまざまですが、代表的なものには卵、牛乳、小麦、魚介類、ピーナッツなどがあります。これらのアレルゲン食品は年齢によっても異なります。小児の食物アレルギーで多いのは卵、牛乳、...
食物アレルギーの症状
症状は軽いものから死にいたるものまで様々 小児に多いとされる食物アレルギーの症状は、軽いものから生命の危機に関わる重篤なものまで様々です。食物アレルギーの原因となる食物を食べると、その食べ物に含まれるタンパク質などが腸から吸収され、血液中を流れ体中でアレルギー反応を起こします。皮膚や呼吸器の粘膜、鼻や目の粘膜などそれぞれの場所でアレルギーの原因物質に対してIgE抗体が結びついてアレルギーぼ症状が起こります。どのような症状かというと、皮膚粘膜ではかゆみ、じんましん、むくみ、発疹、結膜充血、涙目、瞼のむくみ、消化器では吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、気道では口内のかゆみ、違和感、腫れ、咽頭浮腫、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、呼吸困難などです。食物アレルギーがひどくなるとアナフィラキシーショックを起こし、頻脈や意識障害、血圧低下などの症状も引き起こすこともあります。 アナフィラキシーの症状 食物アレルギーにおいて最も激しい症状がアナフィラキシーです。口の中の違和感や唇のしびれ、手足のしびれ、気分不快、吐き気、じんましん、腹痛などの症状から始まり、のどが詰まった感じ、胸が苦しい、嘔吐、めまい、全身の...
食物アレルギーの原因
食物アレルギーを引き起こす3大アレルゲンは卵、牛乳、大豆です。食べる量が多いとアレルギーをひきおこしやすく、又その加工品でもおこります。 症状は、下痢、嘔吐、便秘等の胃腸症状や湿疹、じんましん、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、喘息(ぜんそく)、気管支喘息(ぜんそく)などの呼吸器疾患などがあり、人によってアレルギー症状も多種多様で、原因物質を症状から推定することは難しいので、検査によりアレルゲンを特定していくことが重要となります。 ▼主な植物アレルギーの症状 消化器 : アフタ、下痢、便秘、腹痛 呼吸器 : 気管支喘息 皮  膚 : アトピー性皮膚炎、ジンマ疹 泌尿器 : 夜尿症 神  経 : 頭痛 その他 : クループ、嘔吐、自家中毒症、起立性蛋白尿...
食物アレルギーの治療法
食物アレルギーの治療法としては、まず原因となる抗原(アレルゲン)を探すこととなります。血液検査により喘息(ぜんそく)、アトピー性皮膚炎等それぞれ違った検査をします。 抗原(アレルゲン)が判明すれば 抗原(アレルゲン)が判明すれば、まずはその食物を除去するように心がけなければなりません。食物の制限は必要最小限にして、代わりに別の食品をとり、身体の発育、成長に害のないようにすることも大事です。また、毎日、大量に反復して同じ食品をとらないようにしましょう。同じ食物ばかり食べさせると良くないので必要なことと思われます。 子どもの食物アレルギー 子どもが食物アレルギーの場合、当然子どもへの食事、間食への配慮も必要となります。お菓子や料理は手作りで、間食は果物が良いでしょう。また、家族の方の協力も必要です。家族全員が出来るだけ同じものを食べるようにお願いします。 外食でも注意が必要です。外食での、すし、焼き魚、炉端焼き、そば、刺身、ジュース、みつまめ、くずもち、等アレルゲンとなる食事は避けるようにして下さい。 その成果があったのかを確認するために、半年から1年ごとにアレルゲンの検査を受けるようにし...
食物アレルギーの注意点
食物アレルギーの注意点としては、感作の弱いものから徐々にゆるめていくように心がけるということです。生ものより加熱したもののほうがアレルゲンになりにくい傾向があるという事にも注目したいところです。      例えば以下のようなことがあります。  「  かたゆで卵 < 半熟卵 < なま卵  」     これは何を表しているかと言いますと、同じ「卵」でもなま卵よりもゆで卵のほうが食物アレルギーのアレルゲンになり得る可能性が低くなるということです。これは加熱したものはよりアレルゲンになりにくいということを明らかにしている一例と言えます。 また、身体の耐性ができたとしても、原因のあった食物は初期離乳食と同じつもりで1さじからはじめましょう。徐々に慣れていくということが非常に重要です。目安は、牛乳で週に1〜2回、加熱した卵で週に1〜2回というところでしょうか。...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.