アレルギーと病気の基礎知識

アレルギーと病気の基礎知識

アレルギーという病気は今もなお拡大増殖し続けています。代表的なものに食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、金属アレルギー、動物アレルギー、ダニアレルギー、アレルギー性気管支炎、アレルギー性喘息(ぜんそく)、ラテックスアレルギーなどがあります。全てに共通する治療法はありませんが、アレルギー反応を誘発する原因には一定の法則が見られます。自身の体質を自覚し、周辺の生活環境を改善する努力を継続するよう努めましょう。「アレルギーと病気の基礎知識」では、アレルギー疾患を引き起こす原因と意外に見落としがちな対処・対策法を解説いたします。

アレルギーと病気の基礎知識一覧

スポンサードリンク

アレルギーとは
アレルギーとは、ある特定の物質などを抗原として起こる抗原抗体反応のことを指します。 抗体を作る原因となるある特定物質(抗原(アレルゲン))が体内に入ってきた時、抗体あるいは免疫状態にあるリンパ球がこれを排除しようとしますが、この働きを「免疫」と言い、この抗原(アレルゲン)と反応した結果、体に不利な病的状態をおこしてしまう事を「アレルギー」、もしくは「アレルギー反応」と呼びます。抗体が抗原を的確にとらえてるところまでは同じなのですが体に良い結果をもたらすのが「免疫」で悪い結果をもたらすのが「アレルギー」というわけです。 アレルギーは、胞子・花粉・ふんじん・獣毛・薬品・塗料・衣類・牛乳・卵・エビ・カニなどの食物や、細菌・太陽光線などによって誘発され、発熱・喘息・皮膚炎・じんましんなどを発症します。これにより起こる病気がアレルギー疾患です。...
アレルギーの種類
病気の本態がアレルギーであると確認されているものをご紹介します。これらのアレルギー疾患(アレルギー反応)はいずれも衣食住という我々の生活環境の変化からもたらされるものばかりです。具体的には、食品、薬、花粉、ダニなどが抗原(アレルゲン)になり、アレルギー反応が誘発されます。 ▼アレルギー疾患  ・食物アレルギー  ・気管支ぜんそく  ・アトピー性皮膚炎  ・じんましん(蕁麻疹)  ・アレルギー性鼻炎  ・金属アレルギー  ・動物アレルギー  ・アレルギー性紫斑病  ・アレルギー性結膜炎  ・アレルギー性血管炎  ・ダニアレルギー  ・紫外線アレルギー  ・薬物アレルギー  ・アレルギー性胃腸炎...
アレルギーの症状
アレルギーの症状は実に様々です。アレルギー疾患の種類の分だけ症状は違うと思って良いでしょう。 例えば、アレルギー性鼻炎では、くしゃみ・水のような鼻水、鼻詰まりなどの症状を伴いますし、薬物アレルギーでは、皮膚症状が出てきたり、血圧低下、顔面蒼白といった症状がでることもあります。 各アレルギー疾患の症状の詳細については、それぞれのページでご確認ください。 ...
アレルギー体質について
人には、アレルギーを起こしやすい体質の人と、起こしにくい体質の人がいますが、アレルギーを起こしやすい体質の人を「アレルギー体質」と言います。アレルギー体質の人の家族は、やはりアレルギー体質の方が多く、アレルギーが起こりやすい傾向があるように、遺伝的要素が強い病気(疾患)と言えるでしょう。 アレルギー体質の方は、病院で薬を貰う前に必ずアレルギー体質である事を医師に告げ、市販薬を利用する時は、成分を確かめるなど十分な注意が必要です。アレルギー体質を短期間で改善させることは決して簡単ではありませんが、各々のアレルギーの特徴をわきまえ、適切な対処をすることで改善のされます。当サイト「アレルギーのすべて」では、各アレルギー疾患別に、体質改善の方法や治療法について解説しています。...
アレルギーへの対策・対処法
アレルギーに強い体でアレルギー対策 アレルギーと言ってもアレルギーには花粉や食物、動物、金属などさまざまなアレルギーがあり、その種類によって細かな対策や対処法があります。しかし、対策法や対処法には共通点があります。アレルゲンを長期間体内に取り入れていると、体内には抗体が増え続け、それが一定量に達したときにさらにアレルゲンが侵入してくると、アレルギー症状が現れます。アレルギーへの対策・対処法としては、アレルゲンに触れる機会を減らすこと、アレルゲンの影響を受けにくい体をつくること、がどのアレルギーに対しても対策・対処法になるのです。生活環境や生活習慣でそのような体をつくること、ストレスをためないことがアレルギーへの対策・対処法になります。 生活環境に配慮する アレルギーへの対策として生活環境に配慮することは大切です。最近の住宅は空気がこもりがちな構造になっていることが多く、室内は汚れているとい言われています。ダニの死骸やタバコ、暖房器具からの窒素酸化物、カビの胞子、ホルムアルデヒドなどが空気中に充満しているとされています。このような環境への対処法としては、換気をこまめにして空気をきれいにす...
生活環境を改善してアレルギー対策
生活環境の乱れは我々に劣悪なアレルギー環境をもたらします。例えば、機密性の高い現代の住宅は空気がこもりがちで、思っている以上に室内の空気が汚れています。最近では、そのように汚れた空気と混ざり合って出来た物質がアレルギー症状やイライラを起こすシックハウス症候群も誘発するということで社会問題になっています。この場合は、窓を開け、換気を良くし、きれいな空気を吸うことに気を配り、空気清浄機等を利用することも考えたほうが良いでしょう。 現代の快適な冷暖房は、適温多湿を好むダニやカビを繁殖させる原因となります。一日中部屋を閉め切ることは避け、とにかく室内空気の浄化に努めてください。夏も冬も外気と近い温度で暮らす習慣を身に着けると非常に効果的と言えます。 ...
体質を改善してアレルギー対策
現代人の食生活の乱れは、ますますアレルギー体質の人間をつくり出します。食事により吸収されたタンパク質の分解能力の低下が徐々に進行し、過食ぎみの食事や運動不足によって免疫力が低下し、ついにはアレルギー物質(アレルゲン)に対応できないアレルギー体質人間へシフトしていくのです。 そのようなアレルギーに打ち勝つための対策法のひとつが、「健康と体質をコントロールする」ことにあります。 食物アレルギー アレルギー体質を語る上でもっと関係の深いアレルギーが食物アレルギーです。食物アレルギーは、主に卵、大豆、そして牛乳がアレルゲンとなるケースが多いのですが、それら卵、大豆、牛乳、またはお肉などの食品タンパク質が体内でうまく分解されないことから起こります。 肉食中心で高タンパク・高脂質の食生活は、未消化のタンパク質をつくりやすくアレルギー反応を引き起こすきっかけとなるのです。ですからこの高タンパク・高脂質の食生活を改善することがまずは重要になるのです。 食べすぎ・栄養過多 さらに、食べすぎで栄養過多の食生活が、活性酸素の量を増やすし、その活性酸素が細胞を攻撃するので体内の防衛力を弱め免疫力を低下させます...
ストレス発散・解消でアレルギー対策
現代病の代表である「ストレス」もアレルギー疾患の原因となります。仕事や人間関係などによりストレス状態が続いて自律神経のバランスが崩れると、免疫システムにも異常が起こりやすくなるのです。 もし過度のストレスにより自律神経の働きに異常が見られたならば、ゆっくりと深呼吸をし心を落ち着けましょう。何気ないことですが、自律神経の働きを健全に保つにはとても効果的です。 効果的な呼吸法 呼吸というと吸うほうばかりに気を配るものですが、実は、吐いているときに自律神経は緊張状態で働く交感神経からリラックス状態をつくる副交感神経に切り替わります。ゆっくり吐くことをしないことが自律神経の働きを狂わせ、アレルギーをふやす一因になっているという指摘もありますので、この機会に正しい呼吸法を身につけましょう。 また、ヨガでも大極拳でも、深呼吸だけでもかまいません。ゆっくりと空気を吐き出し、自然に吸う呼吸法を身につけ、毎日習慣づけると心身の抵抗力が高まり、アレルギーにも強くなります。 生活リズムの乱れ リズムの乱れた生活は、ストレスを溜めやすい体質をつくります。人間の体は朝に太陽の日の出とともに活動を開始し夜は眠ると...

スポンサードリンク

Copyright (C) アレルギーの病気辞典 All Rights Reserved.